日本の茶品種との友情
0コメント

日本のお茶を飲みに行くとき、あなたはあなたのお茶が由来するお茶の品種の種類について考えましたか? おそらく、「栽培品種」をお茶愛好家の世界と関連付けることができます。 それにもかかわらず、 Yunomi、私たちは一般的にお茶の説明でお茶の種類を指定し、お茶の愛好家は単一のお茶を求めています。今日の日本のお茶の話題に触れても害はないと思いました。 

As IanChunの栽培品種に関する以前のブログ投稿 状態、栽培品種は栽培品種です。 つまり、栽培品種は 望ましい特性のために人間によって育てられた植物のグループ。 栽培品種改良者t(日本語: 茶樹の品種改良)、 椿セニンシス 中に開始 明治時代。 現在、未登録品種を含めると、100種類以上の日本茶品種があります! 

おそらく、しかし、栽培品種と栽培品種の改良はお茶の世界を超えて拡大していることに言及することが重要です。 たとえば、リンゴやトマトにはさまざまな品種や品種があると考えることができます。 それらは異なる味、形を持っており、植物自体も少し異なって見え、異なる方法で成長し、異なる時期に成熟する可能性があります。 お茶と同様に、春のさまざまな時期に成長を開始し、環境要因に対するさまざまな感受性を持ち、さまざまなお茶をもたらすさまざまな品種があります。

数え切れないほどの種類から選ぶことができるので、茶農家が自分たちの茶園で育つ茶品種の種類をどのように選択するのか不思議に思うかもしれません。 これはいくつかの主要な要因に依存します。 とりあえずXNUMXつ触れます。 

  1. お茶の種類
  2. 地域の気候 
  3. 自分の茶畑の大きさ

 

お茶の種類

一般的に、日本の茶品種は作るために栽培されています 煎茶, 玉露/碾茶または 釜炒りか (お茶の炒め物)。 あらゆる種類の品種からあらゆる種類のお茶(煎茶、ウーロン茶、紅茶など)を作ることができますが、お茶の農家は、生産したい特定のお茶に適した品種を選択します。 ですから、煎茶を作る品種を選ぶときは、煎茶に加工したときに味と香りが良い品種を考えます。 これらの品種は、玉露や碾茶とは異なる場合があります。後者のタイプには、 シェーディングファクター 考慮する。 したがって、日陰になってもよく育ち、さわやかな緑色を発する品種が望ましい。 釜炒り茶を作る品種を選ぶときは、葉を炒めたときに心地よい香りがする品種を考えます。  

地域の気候

お茶は鹿児島の最南端の島から関東地方まで、日本のさまざまな地域で育ちます。 これらの地域は気候が異なり、さまざまな品種が特定の種類の気候によく適応しています。 例えば、 鹿児島は南部の主要なお茶の産地です 温暖な気候で、朝の霧はあまりありません(*これは地域の地形にも依存しますが)。 そのため、鹿児島では、シーズンの早い時期に発芽(成長し始める)品種が望ましい(日本語では、これらの品種は わせしゅ;早生種)。 実際、鹿児島のお茶の産地のいくつかは、最初のフラッシュシンチャを持っていることでよく知られています(すなわち、 はしりしんちゃ)などの栽培品種で みどり豊 及び セミドリ 栽培品種。 他方、より寒い地域は、遅い霜および/または寒さに対してより弾力性のある栽培品種による損傷を避けるために、後の出芽栽培品種を望むかもしれません。 オクミドリ 栽培品種(日本語では、これらの栽培品種は呼ばれます ばんせいしゅ;晩生種)。  

 

茶畑の大きさ

茶農家が多くの土地と複数の茶畑を持っている場合、ほとんどは複数の種類の茶品種も持っています。 どうして? それらが単一の栽培品種に依存している場合、収穫時間はすべて同時に発生するため、収穫と処理がはるかに困難になります。 したがって、茶畑には一般に、出芽時期が異なる数種類の品種があり、収穫とプロセスが数週間にわたって広がります(たとえば、初期、中期、および後期の出芽品種の組み合わせ)。 

世界 福岡県八女市の熊茶園 は、収穫のタイミングがわずかに異なるさまざまな単一品種のお茶を生産する茶畑の素晴らしい例です。 説明のために、14つの異なる栽培品種Saemidori、Yabukita、およびOkuyutaka全体で、それらの収穫日はそれぞれ20月30日、XNUMX日、およびXNUMX日でした。 茶園はにあるので 南では、XNUMX月に比較的早い収穫があります。 ただし、収穫日は互いにXNUMX、XNUMX日離れていることがわかります。 

 

せみどり煎茶-熊茶園世界 さえみどりインペリエル山煎茶 福岡県八女市の熊茶園から。 このお茶 日本茶セレクションパリ2020で金メダル(PrixD'OR)を受賞。   

 

やぶきた栽培品種:なぜそんなに支配的なのですか?

品種にあまり詳しくなくても、しばらく日本茶を飲んでいれば、「やぶきた」品種のことを聞いたことがあると思いますし、楽しんでみたのではないでしょうか。 1908年静岡県の一人農家が杉山ひこさぼろという名前で開発、やぶきた品種には多くの有利な特徴があります。 この品種は耐霜性があり、複数の地域によく適応し、均一に成長し、優れた風味を持っています。 杉山さんは、栽培品種の改良や、種子から始めるのではなく栄養繁殖を利用することにほとんど関心がなかったときに、彼の斬新な農業慣行と茶品種の開発を始めたことを認識することが重要かもしれません。

当時の茶畑の大部分は種子を使用しており、最も頻繁には、後で触れるザイライ/在来種と呼ばれるものを使用していました。 お茶は非常に簡単に交雑するので、ある植物が別の植物を汚染することを意味します。 したがって、XNUMXつの植物が他家受粉するだけでも、わずかに異なる多くの種子を作り出すことができます。つまり、当時の主な茶農家の戦略は、遺伝学を離れて自分たちの踊りをすることでした。 これにより、さまざまなわずかに異なる茶樹があり、さまざまな時期に発芽し、さまざまな速度で成長し、わずかに異なる風味を持つ畑ができあがります。 日本茶の専門家の多くは、日本茶はさまざまな品種(ザイライ)のアマルガムが特徴であり、これらの多様なフレーバーのブレンドが有名な日本茶を生み出したと強く感じたため、育種努力に投資することを気にしませんでした。

 

やぶきた茶畑-梶原茶園2021年に収穫の準備ができているやぶきた栽培品種の茶畑。 写真提供 梶原茶園.

 

事実、国民がやぶきた品種の卓越した品質を認め始めたのは1931年のことでした。 1934年に静岡県農業試験場から高い評価を受け、1953年(農林省)までに品種登録されました。 この時期にやぶきた品種が普及したのは、1960年代にお茶業界が霜防止技術を欠いていたためです。 しかし、やぶきた品種では、危険な霜の時期(XNUMX月中旬)以外でも、若い芽が均一に発芽する可能性があります。 さらに、それは活発な植物であり、成長しやすく、まともな収穫をもたらし、多くの茶農家にとって好感が持て、安定した栽培品種でした。

 

日本茶品種20202020年の統計 農林水産省。

 

日本の主要な異なる茶樹品種を描いた上記の円グラフからわかるように、 ヤブキタ品種は2020年も依然として優勢な品種であり、品種総数の70.6%を占めています。 (農林水産省からの報告). しかし、 都道府県ごとの品種の内訳を見ると、お茶の産地の気候などにより、地域によって異なることがわかります。 例えば、耐寒性にメリットのない温かい鹿児島は、他の地域に比べてやぶきたの栽培量が少なく、初期のタイプ(みどりゆたか、せみどり)が比較的多い。 一方、実際にやぶきたが開発され、耐寒性と出芽が遅いことが大きなメリットである静岡県では、やぶきたを最も多く植えています。

 

都道府県別の日本品種の内訳2020 からの統計 農林水産省。

 

2016年の全国栽培のやぶきたの割合は約75%で、過去4年間で5%減少しています。 やがて、全国に植えられるやぶきた品種の割合は減少し続けると考えられます。 これは、茶の茂みが多年生植物であり、収穫可能な成熟に達するまでに時間と費用がかかるためです。 茶畑は通常、樹齢30年をはるかに超えるまで茶の茂みを交換しません(そして、植え替えるときは、どの品種を植えるかを決めることが重要です!)。 やぶきた品種が1960年代に最も急速に広まったことを考えると、これらの茶の茂みの大部分は現在40年以上経過している可能性があります。 やぶきたの茂みが古くなり、いつ、どのように茶畑を植え替えるかを農家が考えていることから、茶の品種はさらに多様化することが予想されます。

 

ザイライ、ナチュラルブレンド

1960年代/​​ 70年代に栽培品種の開発が普及する前は、日本の茶農家は主にザイライ茶の茂みで種子繁殖を使用していました。 ザイライ(日本語: 在来)は「先住民/先住民」を意味し、 識別可能な品種がない古い茶の茂みを指します。 栽培品種は通常、別の茂みの枝を発根させて植えることによって栄養繁殖し、本質的に一致するDNAを持つクローンになります。 対照的に、ザイライでは、それが種子から育てられたので、それぞれの茶の茂みは非常にわずかに異なる特徴を持っています。 それを考えると、ザイライは本当に栽培品種ではなく、むしろ異なる個体のブレンドです。 植物科学者は実際にそれを個体群と呼ぶかもしれません。 それでも、総称して、一般的に人々は茶の茂みをザイライと呼びます。 ザイライ品種の茶畑を注意深く観察する機会があれば、茶の茂みごとに葉の特徴や色が異なることに気付くでしょう。 先日、茶畑といえば、ザイライの植物を訪ねて、楽しい夢を見ました。 中国の雲南省は、世界で最もザイライ茶の植物があると言われています(願わくば、それはいつか現実の世界で起こり得ることです!)。   

 ザイライ茶畑-梶原茶園梶原茶園のザライ茶畑。 見分けるのは難しいかもしれませんが、よく見ると、フィールドがそれほど均一ではないことがわかります。 の写真 梶原茶園.

 

今日、このタイプの茶栽培は、主に生産性が低く(つまり、やぶきた品種と比較して生産性が約50%低い)、処理がかなり難しいという事実のために、茶農家の間であまり人気がありません。 茶の茂みは多様であるため、隣接して植えられた茶の茂みによって風味と収穫時期が異なり、収穫が面倒になります。 それにもかかわらず、多様性は茶の茂みの弾力性を高め、その多様性と種子が育った茶の茂みのために ごぼうのように見える、より強く深い根を持っています 根、それらはより深く利用可能なミネラルを吸収することができ、干ばつ、害虫および病気に対してより抵抗力がある傾向があります。 さらに、単に伝統的な方法を好み、歴史的な日本のお茶の味に固執する農民や人々もいます。 実際、ザイライティーには独自の強みがあり、さわやかな味わいを提供します。 古き良き日本の味をお望みなら、特に希少性が高まっているザイライティーをぜひお試しください!

あなたが試すためのザイライティー: 

  • 梶原茶園の伝承: から作られる釜炒りか 種子(ザイライ)から育てられた60年前の茶の茂みに、奥やたかとやぶきた品種の茶葉をブレンドしました。
  • きろく茶園のザイライ品種ほうじ茶:キロク茶園は、XNUMX人の女性が経営する茶園として知られていますが、シングルオリジン茶でも有名です。

 

紅風木品種

最近日本で注目を集めている品種である紅風木は、特に日本の紅茶(インドのアサミカと日本茶を組み合わせて作られたもの)の品種として知られています。 カテキンのレベルが高いため、紅茶の作成に使用すると、風味豊かな日焼けにスムーズに変換できます。 紅風木品種は耐病性に優れています。 また、広く普及しているやぶきた品種よりも大きな花や葉を作り、30%高い収量を提供します。 紅茶は日本のお茶の生産量のわずか1%を占めていますが、お茶の農家は、紅風木を使って紅茶以外のお茶を作る実験を始めています。  

いくつかの紅風木栽培品種の紅茶 Yunomi: 

 

京都府品種

ご存知かもしれませんが、京都は玉露や抹茶などの陰影が必要なお茶で有名です。 五光、さみどり、宇治光のXNUMX品種はすべて京都府で開発されました。 正式には登録されていませんが、この地域では一般的な品種です。 抹茶や玉露の濃厚なうま味がお好きなら、ぜひお試しください!

きろく茶園五光栽培抹茶きろく茶園の五光抹茶。

 

五光: 京都府の土壌や気候に合わせて特別に作られた品種である五光は、日陰によく合う品種であるため、玉露や抹茶によく使われます。 地球を思わせる独特の香りが特徴のこの品種は、うま味が豊富なことでよく知られています。 

 

  • さみどり: 宇治の植物から来た品種、それ 1939年に小山正二郎によって飼育されました。 碾茶特有の品種と伝統的で一般的な京都抹茶品種。 さみどりは、やぶきた品種とほぼ同時期に出芽する通常の出芽品種です。 抹茶としては、なめらかで柔らかく、ビロードのような味わいです。 ※「さえみどり」と同様の品種がありますのでご注意ください。 

  •  

  • 宇治ひかり: 固有の「ざらい」茶樹の種子から1954年に宇治で選ばれた日陰茶の品種。 私たちが触れたXNUMXつの旧京都品種のように、宇治光もしばしばマッチまたは玉露にされます。 さわやかでありながら、まろやかな香りと最高級のうま味が特徴の品種です。

  •  

    栽培品種の探索

    単品種のお茶をいくつか試したことがありますが、特に気に入っている、または興味をそそられる日本茶の品種はありますか? そして、品種がこれまで頭に浮かんだことがないものである場合は、このブログ投稿から少し洞察を得ることができたと思います。 私の個人的な意見では、ワインを味わうときと同じように、日本茶の味と風味の多様性を試すことは非常に興味をそそられます。 だから、もしあなたがおそらく心地よいやぶきたの味の外に出ることにもう少しインスピレーションを感じたら、私たちはいくつかの品種の比較もします Yunomi あなたが試してみるために-そしてはい、同じ年の同じ生産者からの異なる栽培品種を比較することはこれを行うための素晴らしい方法です。 ハッピーティーテイスティング!

    あずま茶園10抹茶サンプラー品種比較(10g×10種類):東茶園ストーンミルド抹茶サンプラー。 

     

    おすすめ画像: 金徳茶園の厳選された山のいぶき品種の新鮮なつぼみ。  

     

    栽培品種日本茶岸田文雄茶品種お茶の試飲やぶきたザイライ

    コメントを書く

    すべてのコメントは公開される前に管理されます