日本茶を発見:三年番茶
0コメント

日本茶、番茶はご存知かもしれませんが、 いくつか試してみました。 しかし、三年番茶(XNUMX年番茶)とは正確には何ですか?通常の番茶やほうじ茶とはどう違うのですか? 今日、私たちはあなたが新しいお茶を発見するのを手伝ったり、お茶にもっと慣れることができることを願っています! 

一般的に、日本茶(すなわち、 煎茶)茶の茂みの新しい芽を収穫し、蒸し、処理することから作られています。 これらの種類のお茶は、新鮮に飲むと最も良いと考えられています。 しかしながら、 三年 番茶 それは、XNUMX 年間刈り取られていない茂みから、または XNUMX 年間成熟した茎や葉から来るという点で少し異なります。 それはすべての年齢層に優しいと考えられているお茶です。 煎茶と比較して、カフェインとタンニンが少なく、刺激を与えることがあります。 日本では、このお茶をそのまま飲むこともあれば、梅(梅)や醤油、おろし生姜を少し加えて飲むこともあります。

 

今日の三年番茶を作るXNUMXつの方法

1. 3年熟成

さねん番茶を作る最初のアプローチは、お茶をXNUMX年間熟成させることです。 茶の茂みから新しい芽を収穫する代わりに、秋の収穫から収穫された番茶(すなわち、成熟した茶葉と茎)が利用されます。 これらの茶葉の茎は、アラチャの通常のように蒸します (ラフでふるいにかけられていないお茶) そしてほとんどのお茶、しかしその後 常温でXNUMX年熟成させ、 which お茶を三年番茶にするのは. At Yunomi, たるい茶園の三年番茶 このように作られているだけでなく 上島さんの三年番茶.

タルイ茶園:三年番茶、XNUMX年熟成茶茎三年仕込み棒番茶オンラインストア たるい茶園の三年番茶

上島茶園:和束三年番茶、3年熟成番茶京都宇治和結茶三年番茶
オンラインストア 
上島さんの三年番茶

このお茶の発祥は、唐の時代に日本にやってきた僧侶の影響が大きいと言われています。 もともと、このお茶は、冬の寒い時期に野生の茶の茂みを切り、茶ur(茶つぼ:茶壺)、ふたを閉め、和紙を何層にも重ねて封をします。 その後、お茶はXNUMX年間保管され、熟成されました。

 

a

2。3年間茶の茂みを育てる

XNUMX番目のアプローチは、XNUMX年間切断または収穫されていない葉と茎を切断することです。 この代替のサネン番茶を作るための次のステップは、蒸し、乾燥、焙煎を経るという点で典型的なアラチャプロセスに似ていますが、この方法ではお茶が薪の火で焙煎される点が異なります。 この方法で作られた三年番茶は、成長期間が長いため、はっきりとした非常に異なるタイプのテロワールを示します。 従来、すべてのステップは完全に手作業で行われていました。  あゆみ農園のわははは三年番茶 刈り取らずに3年間育てた茶の茂みから作られています。 

あゆみ農園番茶番茶収穫

あゆみ農園のはははは三年番茶 XNUMX年間自然に育った茶の葉からつくられた茶葉です。 あゆみさんは友達と一緒に、XNUMX倍以上の大きさの茶の茂みの枝を切り落としました。 その後、枝を手入れ(絡み合った蔓や草を取り除きます)し、トラックに積み込みます。 これらの写真は彼らの満月のものです 三年 昨年XNUMX月からの番茶収穫。 CyittorattuのAyumiFarmsからの写真。 

あゆみwha-ha-haXNUMX年番茶

オンラインストア Aゆみファームのわははは三年番茶 

 

マクロビオティックファンのためのお茶

日本には独特のマクロビオティック食文化があり、植物の成長条件に応じて植物に高温と低温の性質を与える伝統的な漢方薬の影響を部分的に受けています。 このような視点に興味のある人のために、sannen bancha 根菜に似た特徴を持っています。なぜなら、それは茎の下部から作られ、上部の若い日光浴した葉ではなく、成熟した葉でさえ作られているからです。 したがって、マクロビオティックの観点からは、体を温める影響を与える可能性があります。

 

さねん番茶は番茶やほうじ茶とどう違うのですか?

このブログ記事を締めくくる前に、番茶とほうじ茶の違いに触れ、三年番茶がどこに当てはまるかを理解します。日本茶の用語をもっとよく知ってください!

 

番茶(番茶)

番茶 フォークティーとして知られ、一般的に非常に大きなサイズに成長させられた葉から作られたお茶を指します。 番茶は通常、煎茶よりも大きく、秋から初冬にかけて摘み取られた茶葉から作られます。 対照的に、煎茶は通常、春の最初の収穫から作られます。 番茶の風味は渋い傾向がありますが、春に収穫された緑茶よりもカフェインのレベルが低くなっています。 

煎茶が加工された地域によって異なるように、地域ごとにさまざまな種類の番茶があります。 全体として、「番茶」とは、かなり単純な技術ですが、さまざまな方法を使用して製造された無数の民俗/地方のお茶を指します。 これらのフォークティーはますます珍しくなり、特定の種類のフォークティーで知られる地域に住んでいる人でさえ、これらの宝石について知らないかもしれないことがわかりました! 番茶は煎茶に比べて質が悪いと考える人もいますが、番茶に伝わる地元の歴史、文化、テロワールを無視してはなりません。 試してみることができるバンチャズは多種多様で、抹茶のアフターティーにも最適です!  

風流番茶店の あわばんちゃ、徳島県上勝町の珍しい民俗茶。 

 

そのため、一般的に番茶は煎茶に比べて品質の低いお茶だと言われていますが (つまり、栽培と加工は煎茶と同じで、違いはお茶を作るのに使用される茶葉の品質です)、番茶は過小評価されるべきではありません。 さまざまな種類のバンチャを試すことができます。 さらに、抹茶のアフターティーにも最適です!

 

ほうじ茶(ほうじ茶)

ほうじ茶 焙煎茶、一般的に焙煎番茶緑茶を指します。 ただし、ローストした葉の茎、ローストした春または夏に収穫した茶葉、展開したローストした葉(通常は京番茶)、およびその他の興味深い組み合わせやバリエーションが含まれる場合もあります。 強火で焙煎するため、アミノ酸(うまみ)、カテキン(しぶみ)、カフェイン、ビタミンCが少なく、香ばしくすっきりとした味わいで、食事や食後に楽しんでいただけます。 日本では、人々が温かいものと冷たいものの両方を飲むのは日常のお茶であり、レストランでも一般的に提供されています。

ほうじ茶~yunomi乾燥ほうじ茶の葉、写真: Yunomi. 

 

まとめると、番茶番茶、番茶、ほうじ茶の大きな違いは何ですか? 主な違いは、収穫と製造のプロセス、そしてもちろん、XNUMX年間の成長または成熟期間にあります。 それ以外は、これらのお茶はかなり似ています。 実際、日本の食品表示法によれば、三年番茶は製造工程の最後に焙煎する必要があるため、実際には番茶ではなくほうじ茶に分類されます。 

 Moによる日本茶の種類図é 岸田は、日本のお茶の定期教科書(日本茶の定期考書;日本茶定期定定)から改作したものです。 

 

そして、醸造はどうですか? 番茶とほうじ茶は、九州の急須を使って淹れる典型的な方法ですが、お湯は他のお茶よりも熱くなります。 さねん番茶の作り方は主にXNUMXつあります。 一つの方法は、大きな急須を使って沸騰したお湯を注ぐことです。 三年番茶の伝統的な調理法は、  やかんのストーブの上に。 やかんの注入バスケットに葉を数枚入れ、やかんに水を入れて葉を覆い、水を沸騰させてから、火を弱め、葉を約5〜10分間煮込んだら、ストーブをオフにします。 その後、葉が入っているやかんの注入バスケットを取り外して、提供する準備が整います。 大きなやかんをいっぱいにすると、ストーブの上で再加熱したり、室温でXNUMX日中飲んだりすることができます。 また、夏の間は冷やして準備して提供することもできます。 もちろん、個人的な好みが鍵となります。 

好きな番茶やほうじ茶は何ですか? 他にも知りたい日本茶がありましたらお知らせください!

 

フィーチャー画像: 静岡県川根町のサンネン番茶を加工したピースティーファクトリーで、薪の火の上でサンネン番茶の枝や葉をゆっくりと焙煎。 写真提供:あゆみファームズ シットラトゥ.  

 

 

番茶フォークティーほうじ茶日本茶日本茶の用語マクロビオティック岸田文雄三年番茶3年

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます