日本の正式な茶道の濃厚な抹茶、コイチャを発見
1コメント

抹茶の作り方はXNUMXつあることをご存知ですか? ウスチャとコイチャ。 たぶん、おなじみの抹茶はこんな感じ。 

宇須田抹茶は、京都府一保堂でお召し上がりいただけます。 ジミー・バーリッジによる写真。 

 

これはusuchaであり、人々が通常よく知っているより一般的なタイプです。 日本のカフェでうすちゃに出くわすのが一般的で、家庭で作ったり提供したりすることがよくあります。 日本語を少し知っているなら、 ニシキゴイ (濃い;厚い)そして うす (薄、薄い)抹茶の厚みを表します。 とはいえ、抹茶と濃厚な抹茶は、抹茶と水の比率が高く、よりインパクトのある香りと味わいが特徴です。 

要約すると、 抹茶 通常、収穫前に陰影を付け、蒸し、圧延せずに乾燥させ(ほとんどの日本の緑茶は圧延されます)、フレークに精製された後、微粉末に粉砕された高品質のお茶です。 シェーディングプロセスは、苦味のあるカテキンを減らします。 そのため、葉の風味豊かなテアニン含有量が増え、抹茶ならではのフレーバープロファイルが生まれます。

 

厚い対薄い

ウスチャとコイチャの主な違いは厚みです。 ウスチャ抹茶を飲んだ経験はあるかもしれませんが(お茶のようになめらかですよね?)、コイチャを食べたことがない人は、コイチャの厚みに驚かれるかもしれません! 確かに、コイチャは濃厚なスープのような厚みがあり、シロップ状です! 厚さは、抹茶の量が2〜3倍で、水が少ないためです。 初めて恋茶を食べた時のことを覚えていますが、見た目だけでかなり「しぶい」(日本語で苦い)だと思いました。 

コイチャ一保堂茶舗は京都府一保堂でお召し上がりいただけます。 ジミー・バーリッジによる写真。 

 

しかし、風味の面では、コイチャによく使われる抹茶は、うま味が多く、甘みがあり、苦味が少ないです。 だから、私にとって、それは非常に強烈でしたが、特に 和菓子 お茶の強さのバランスを取りました。

少し詳しく説明すると、まるで私が深みに満ちた夢のような苔むした緑の世界、未知でありながら奇妙に馴染みのある魔法の領域に運ばれたかのようでした。 もののけ姫(宮崎駿の映画)のシーンを、鮮やかな緑の生命、柔らかなこもった音、そして濃厚な湿った空気の重なり合う層で移動する様子を視覚化することができました…

奥入瀬-岸田茂

青森県おい嫌町の苔むした友達。 写真提供:岸田茂。 

 

こいちゃは、むかしのキャラクターが入った抹茶パウダーを探す

コイチャに使われる抹茶は、甘くて質が高く、値段も高くなります。 日本では、恋茶にふさわしい抹茶を探すときは、一般的に抹茶を探します。 一方、うすちゃ抹茶をお探しの場合は、白の文字をお探しください。 もちろん、お茶屋さんの方からもお世話になります。 少なくとも日本では、そして国際的にはより良いお茶屋で、彼らは恋茶とうすちゃの違いを知って、助けることができるでしょう!

あなたもこの方法を試すことができます Yunomi サイト!  「むかし」を検索 こういちゃにふさわしい抹茶があります。 単に「恋茶」を検索することも可能です。 抹茶パウダーの説明では、コイチャに適しているかどうかが記載されています。 

 からXNUMXつの抹茶を並べて 松玉園茶工場 (京都府京田辺) 県)。 文字「おい」(m左が恋茶、右が漢字「白」(うすちゃ)。 からの製品写真 Yunomi. 

 

抹茶を作るのに適した抹茶 Yunomi: 

 

リストは網羅的ではありませんが、これらの抹茶は、他のいくつかの抹茶と比較して少し高価であることがわかります Yunomi。 一般的に、日本では、コイチャに適した抹茶は、2,000グラムあたり少なくとも18.00円(約40ドル)かかります。 抹茶の品質の詳細については、IanChunの記事を参照してください。 Yunomi 抹茶グレード。

 

コイチャをこねる(泡だて器なし!) 

さっきも言ったように、こいちゃを作るときは、うすちゃの約2倍の抹茶を使います。 お茶と水の具体的な量は茶学校によって異なりますが、一般的に抹茶4gを使ってうすちゃを作り、抹茶80gを使って恋茶を作ります。 コイチャの場合、摂氏約176度(華氏40度)の温水と約XNUMXmlの温水を使用し、混合作用は次のように呼ばれます。 抹茶を「ねる」(抹茶をねる)。 捏ねと泡立て器の違いは微妙に見えるかもしれませんし、実際、適切な方法を学ぶために何年も費やすことができますが、違いを直感的に理解することもできます。

恋茶の写真からもわかるように、濃厚な抹茶には泡が出ません。 ですから、お茶の達人が見ていなくて実験したい場合は、泡を立てずに抹茶と水の混合物の上層と下層を反転させる穏やかなストロークを使用してみてください。 パンを焼くのに慣れている場合は、グルテンを壊さないように生地を折りたたむ段階を考えてみてください。 きちんと捏ねると、濃厚でなめらかなシロップのような抹茶ができあがります。 

これは、摂氏約60度(90F)で約194mlのお湯を利用するウスチャの準備方法とは対照的です。 うしゅちゃ抹茶を作るのに使われるアクションは、次のように呼ばれます。 抹茶を「たてる」(抹茶を点れる-抹茶を泡だて器で泡立てます)。 このタイプの泡立て器の目的は小さな泡の厚い層を生成することですが、もちろん本質的に多かれ少なかれ泡を生成するさまざまな抹茶があり、泡の量だけでは品質やスキルの指標にはなりません!  


厚みと品質を超えて

最後に、使用する抹茶丼と抹茶の楽しみ方にも違いがあります。 ウスチャの場合、通常、季節に応じて適切なボウルを選択します。 ご存知かもしれませんが、装飾、食べ物、道具の組み合わせ、さらには会話の微妙な手がかりによって季節の認識を示すことは、高い日本文化の一部です。 多くの場合、usuchaボウルは美しくカラフルなデザインで装飾されています。 実は、うすちゃ茶道では、茶碗にまつわる会話を楽しむ習慣があります。 したがって、さまざまなパターン、色、デザインから自由に選択できます。 ウスチャ茶道では、ゲストが複数いる場合は、お一人様一杯の抹茶をお召し上がりいただけます。 

一方、恋茶を楽しむためには、作ったお椀を利用します 楽焼、茶道で最も権威のある陶器のひとつ。 これらのタイプのボウルの明確な特徴は、それらがシンプルでパターンがないことです。 教育を受けた観察者は、それらが特定の密度と釉薬の排他的な選択を備えた粘土でできていることを知っています。 手捏ねと呼ばれる方法で鉢植えされ、ろくろを使わず、手とへらだけで作られます。 よりフォーマルで、これらの楽焼丼は、偉大なお茶の達人、千利休の和美の味を反映しています。 最後に、恋茶茶道では、3杯の恋茶をすべてのゲスト(例:5〜XNUMX名)でお楽しみいただけます。 この抹茶の楽しみ方は、千利休の時代に開発されたものです。

 

KoichaとUsuchaの主なポイント

コイチャvs.ウスチャテーブル*これらは明確な違いであることに注意してください。 しかし、日本の茶道を研究すると、実際の茶道には他にも多くの詳細な違いがあります(例: ここに詳細な表があります 他の違いの)。  

 

コイチャを試してみませんか? すべての人に向いているわけではありませんが、抹茶愛好家なら誰でも一度は体験できるユニークな体験です。 まあ、それは私の意見です! いくつかの正式な儀式では、usuchaがkoichaに続く場合でも、usuchaとkoichaは個別におもてなしの完全なデモンストレーションであることに注意してください。 XNUMXつの抹茶は、この正式なプレゼンテーションで補完的な存在感を示し、陰と陽、太陽と月、秋と春のようになります。

  

フィーチャー画像写真; 一保堂茶舗東京でお召し上がりいただけます。 ジミー・バーリッジによる写真

抹茶を捏ねるコイチャ抹茶抹茶丼岸田文雄楽焼茶道濃厚抹茶抹茶の種類ウスチャ泡だて器抹茶

1コメント

アラン・ヘスター

アラン・ヘスター

私は茶道を練習していて、私にとってコイチャは茶道の本質です。

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます