上島茶園-Yunomi 面接
1コメント

あなたが行ったことがあるなら 京都府和束、あなたはおそらく聞いたことがあるでしょう 走る五代茶農家上島典康 上島茶園「そうろくえん」。 上島家も経営している 和束茶カフェ、おそらくこれまでで最も多様な和束茶のセレクションで満たされた居心地の良いスポットです。 上島さんのことを初めて聞いたとき、たまたま和束の茶畑に出かけて、夏の茶畑の除草を手伝っていました。 上島さんは近くの茶畑を見下ろしていて、和束の人から言われました。  

「ああ、ちなみに、モエちゃん、あそこの男はここにかなりのお茶屋さんがいます!」

 

その時、私は彼らが何について話しているのかよく理解していませんでした。 でも、上島さんに会ってその存在感を感じたのを今でも覚えています。 彼のことは知りませんでしたが、他の和束茶農家が彼を尊敬しているのを感じました。 今回のインタビューを通じて、上島さんのお茶への情熱、和束への思いやり、勤勉さなどを知ることができ、和束の直接生産のお茶の世界で重要な人物となっています。 また、彼のユーモアのセンスや和束のアクセント、マナーも体験できて嬉しかったです。 あなたが彼について学ぶことを楽しんで、それがあなたに彼に感謝するようになることを願っています 大石 (良い)お茶はもっと!

 

お茶の道へのコミットメント:  上島さんが初めて茶農家になった気持ち

上島さんは22歳の時からお茶の道を歩んでいますが、幼い頃からお茶の農家になりたいという気持ちがありました。 これが彼のお茶の農家になることについてのユーモラスな話です! 

 

上島さん:  中学生の頃、私が14歳の頃、父が肝臓で3〜4ヶ月ほど入院した時期がありました。 それで、弟と私は、父が病院にいて、家族が茶葉を収穫できなかったので、何かをする必要があると感じました! でも、お母さんの助けを借りても、なかなかできませんでした。 近隣の茶農家が私たちを助けてくれました。 しかしもちろん、彼らの助けは彼ら自身の茶園が収穫された後に来たので(あなたが知っているように、誰もが彼ら自身の農場を優先しました)、私たちの茶園はさらに遅れを取りました…そして私の兄と私はこの状況を受け入れることができませんでした! 

 

さて、これはちょっと面白い話ですが、私たちはこれと呼ばれるものを作りました 大八車 (日本語: å¤§å…«è»Š).  伝統的な手押し車のようなものだと言えるでしょう。 そして、兄と一緒に、茶葉の収穫に使う予定だった手押し車に手押し車をXNUMX組置いて、興奮してこう言いました。 

"はい! お茶の収穫に行こう!!」

しかし、私たちがこの手押し車を持って徒歩で茶園に向かっていると、これらの不気味な黒いカラスが見えました。 彼らは私たちに「クラア、クラア」をしゃがみ始めました。 そして、私たちはまだかなり若く、これらのカラスは本当に私たちを怖がらせました。 ですから、結局、茶葉は収穫しませんでした[笑い]. でも、茶畑を守りたいという強い気持ちを覚えています。 父が野外に出られなかったので、何かしたいという気持ち。  


ピーターロイドによる写真。

 

上島さんのお父さんはお茶の季節に出かけることになった。 兄との手押し車事件は成功しなかったが、この事件の後、上島さんは15歳の時、4年制農業高校に進学することを決意し、お茶の道への第一歩を踏み出した。お茶。 彼はお茶が楽しくて面白いと思った。 そして、彼は彼の前の世代の努力のために家族の茶畑を守りたいと思っていました-彼らは家族の茶畑を拡大し、彼は彼らの道を歩みたいと思っていました。

 

カスタムメイドのお茶を作る喜び

昭和52年(1977年XNUMX月):  上島さんは22歳でお茶の世界に入り、家族の茶畑を手伝いました。 彼はまだ事業を引き継いでいませんでしたが、彼がどのようにしてお茶を顧客に直接販売し始めたかを私と共有しました。 

 

上島さん:  私は家族の中で5世代目の茶農家だと言っていますが、4世代(つまり父)までは、誰もが自分のお茶をオークションや市場に持ち込んでいました。 お茶は卸売りでのみ販売されていました。 それで、お茶の道にコミットすると、私は質問を始めました、 

「なぜお客様に直接販売できないのですか?」 

農業協同組合にお茶を持ってきて、売ってもらうのは本当に楽しいことではないと思いました。 ですから、当時、私はまだお茶の仕事についてあまり権限を持っていませんでした。 でも、小さな袋に入れて売ってみて、自分で売れるようにお茶を飲んでもらえないかと父に聞いてみました。 そして父は私がやりたいようにやるように言った。  それで、私はあなたが今日フリーマーケットと呼ぶもののいくつかで私自身のお茶を売ろうとすることで私の最初のショットを与えました。 私は行きます 奈良の元興寺, それはおそらく私の最初の試みでした。 でも最初はお茶が売れませんでした…

 

私は言わなければならない、私は本当にお茶が好きだった。 それで、私は父の足跡である祖先に従うことに決めました。 そしてまた、 私は父を助けたかった。 当時はその気持ちが強かったです。 そしてもちろん、それはすべて簡単ではありませんでした。 私が自分でそれらの小さなお茶の袋を売ろうとしていたときのように、それはすべて栄光ではありませんでした。 でも、私のお茶を買ったこの一人の女性が、おいしいお茶だと言ったとき、それが私の救世主になりました。 そして、お茶の対話が始まりました。 お客さんがどんなお茶を飲みたいのか聞いてみると、言われ始めました。 そんな時、自分のお茶を売ることで、お客さまの声が聞こえてきて、楽しんでいただけるお茶が作れることに気づき、嬉しかったです。 

 

上島さんは、お客様とのお茶の対話や直接販売の初期の経験から、常にお客様を念頭に置いてお茶を作っています。 彼はカスタムメイドのお茶を作ること、農薬や化学物質を含まない、日本で容易に入手できる資源で育てられたお茶、そして環境に優しいお茶を作ることを楽しんでいます。 上島さんにお茶の栽培や事業の将来像を聞いてみると、お茶を求める人に直接お茶を届けることが目標のひとつだとのことでした。 。 人々が求めるお茶を作ることができること以上に彼が大切にしていることはありません!

 

茶農家としての勤勉

モエ:  ですから、私があなたの労働倫理から感じている特徴である上島さんは勤勉です。 あなたとあなたのお父さんは数え切れないほどの時間働いたようです。 たぶん、お茶のビジネスで、時々過労。 病気になったり、仕事で燃え尽きたりしたことはありますか? 

 

上島さん: ええと、お茶の栽培で体を傷つけたり病気になったりしたことは一度もありません。 しかし、胃潰瘍にかかったことがあります。 私は実際に私の胃にXNUMXつの穴がありました...  

30代前半だったと思います。 さて、これを聞いて驚くかもしれませんが、あなたは鉄道を知っていますか? そして踏切がありますよね? トラックの下にこれらのブロックがありますが、私は下のこれらのブロックを置き換える作業を行っていました。 これは一年中の仕事ではありませんでした。 暖かい季節には、仕事はあまりありませんでした。 しかし、10月からXNUMX月頃までは需要が高かった。 ですから、その仕事に伴うのは…その日の終電が走った後、この仕事をした私たちが「さあ、行きましょう!」と言うでしょう。 線路からすべてのスパイクを取り除き、レールとブロックを下から取り除きます。 それから、ブロックを交換し、トラックを取り付けて、スパイクを元に戻しました。それは、約XNUMX年間の私のパートタイムの夜の仕事でした。

 

それで、なぜ私はそのような仕事をしたのですか? たぶん、それは私の父のせいだと言えるでしょう。 和束で茶農家が生き残るためには、もっと茶畑が必要でした。 それが私たちの家族の中心的な焦点でした。 しかし、私たちはより多くの世代の茶農家(つまり、20世代ほど前にさかのぼる)の分社であったため、最初から始める土地があまりありませんでした。 より多くのお茶を作るためには、より多くの茶畑が必要でした。そのための唯一の方法は、より多くの土地を購入または借りることでした。 ですから、私たちが前進するためには、他の人とは違うことをする必要がありました。 それは私の父の習慣的なことわざでした。 

 

私が高校生の時、父は同じことをしました。 彼は(他の茶農家のように朝から始めるのとは対照的に)日中は茶畑で働き、夕食を食べ、入浴し、そして鉄道の仕事に行く準備をしていました。 彼は午前12時前に線路に到着しました。 それから、鉄道の仕事は午前4時から5時頃に行われ、午前7時から8時頃に家に帰って寝て、正午(12PM)に起きて茶畑に入り、半日働き、繰り返します…それが私たちのサイクルでした。 そして、それが私たちが生計を立てることができた方法であり、より多くの茶畑を買うために貯金しました。 それが私たちの家族の歴史です。 そして、鉄道工事が比較的近くにあったとき、私は家に帰ることができました。 でも、忙しい時期には、四国、高松、高知、徳島県など、日本の他の地域で仕事をしていました…この間、いろいろな場所に旅行するのにとても忙しかったので、お腹にXNUMXつの穴が開いたのです。笑い]. 

 

実際、それは現場で起こりました。 夜勤中のある夜、私は思った、

「うわー、私は本当に気分が悪いです。」 その後、文字通り現場で崩壊しました。 翌日地元の病院に行ってレントゲンを撮ると、すぐに大きな病院に送られました。 それで、そこに着いたとき、私はXNUMXつの穴があることに気づきました。 その週、私は比較的静かにとどまり、休んだ。 

そして、夜の鉄道工事は非常に寒かったです。 0度未満 摂氏、特に冬の間。 みんなが寝ているとき、私たちは働いて、少しずつ進んでいると信じていました。 それが私の父の考え方です。 もっと簡単な方法があったかもしれませんが、私たちは不器用なので、それが私たちの戦略でした[笑い]。 それで私はそれに固執しました、そしてそれは私の30代の私の仕事日のルーチンでした。 そして、はい、人々は私を笑い、私をからかいました。 彼らは、彼には妻がいるが、夜は家にいないと言った…[笑い].

 

しかし、当時のハードワークは私を今のところに連れて行ってくれました。 今、私はお茶業界で尊敬されている存在感を持っています. そして、「私だけです。 パーフェクト」[笑い].  多分、私は自慢しすぎています… しかし、ご存知のように、西洋人にとって自慢するのは普通のことであり、彼らはそれを「プロモーション」などと呼んでいます。

※上記のパーフェクトさんのコメントを詳しく説明すると、京都で開催された90年以上のお茶の試飲大会で、上島さんだけが満点を獲得しました!  

 

上島宗楽園

 

以下、実際の数、yまた、上島さんのご家族が長年にわたって茶畑を拡大してきた様子もご覧いただけます。 現在、茶畑の世話をしているのはXNUMXつあります。 上島さんは通常、忙しい時期にXNUMX人の従業員を追加で雇用し、妻もピークシーズンの収穫を手伝っています。 

 

第1世代-300 *坪坪 (0.099 ha)

* は、現在でも一般的に使用されている、日本で標準化されたXNUMXつの畳の面積です。 

2nd世代 - 0.25 ha

第3世代 - 0.5 ha

父の世代 - 1.5 ha

  • 上島さんのお父さんは かいこん (森林を伐採して茶畑を作る)、田んぼを茶畑に変え、耕作面積を1.5に拡大 ヘクタール

上島さん-4 ha

  • 父の努力を続け、上島さんは現在約4人を所有しています ha 和束だけでなく、特定の種類のお茶を栽培している周辺地域の茶畑の例:京田辺(碾茶, 玉露)、加茂(かぶせ茶)、和束(かぶせ茶、煎茶)と井出。 

 

モエ: 好奇心から、茶園で一番楽しんでいる時間はありますか?

 

上島さん: 和束の1月はとてもいい時期です。 秋の収穫期の前は、茶畑が大好きな時期です。 びっくりするかもしれませんが、おそらく最初のフラッシュシーズンだと思いました!?  今回も好きですが、この戦士モードの時期なので、茶畑を鑑賞する気分にはなれません。 毎日、次に何をする必要があるかを戦略的に計画しているからです[笑い]。 誤解しないでください-私は 煎茶 季節はいい時期ですが、XNUMX月頃はもっとありがたいです。

 

 

具現化 「ちゃの馬」 

ちゃのま写真 日本の和束町にある和束茶カフェで。 

 

モエ:  の最後のメッセージはありますか Yunomi お茶の農家とお客様をつなぐために最善を尽くしたいのですが? 


上島さん:  いつもお茶を飲んでくれてありがとう[ソフト 笑い]! 日本茶はとても健康的ですので、たくさん飲んで健康を維持してください。 それが私が言いたいことの一つです…  また、私たちが「」と呼ぶものに価値を持たせてほしいと思います。ちゃのま」( 日本語:茶居間).

 

これは難しい表現かもしれませんが、お茶を準備し、浸し、提示し、飲むプロセスです。 私たちはこの伝統的で古代のことわざを持っています、 ちゃのま 日本では。 言葉があります、 ma 日本語で(間;広さ)。 

ma浸すお茶の」。

maコミュニケーションの」… 

So ちゃのま は、ゲストを家に招待し、目の前でお茶を淹れる特別な方法です。 和束町では、ゆったりとした交流の場をつくるおもてなしのひとつです。 だから私は顧客に Yunomi スペースを作るために ちゃのま そしてこれを具体化する ちゃのま。 そしてそれを彼らの家族や友人と共有すること。 

 

多くの外国人は、お茶は日本で食事の後に自由に出されるものだと考えています(これは一部のレストランでは当てはまるかもしれません)。 しかし、日本茶はそれだけではありません。 それは私たちが呼ぶものの本質的な要素です ちゃのま。 中心的なアイテムとしてのお茶。 私たちはお茶を利用して、コミュニケーションのためのスペースを作り、コミュニケーションを開始します。 ですから、私のお茶を飲む人、日本茶を飲む人には、お茶を通して生き方をしてもらいたいと思います。 


モエ:  ありがとうございます 以前の茶農家のインタビューでは言及されていなかったので、これを取り上げます。 


上島さん:  さて、「」は、日本語の日常会話でよく使われます。 だけでなく cはのま でも…私たちは毎日の会話でそれを使っています  むちゃくちゃ (無茶苦茶-無理)、 おちゃめ(お茶目-いたずら)...日本での日常生活にどれだけお茶が染み込んでいるかがわかります。 さて、長い間、社会は物事をより速く行うことと成功を同一視してきました、そして私たちは物事を遅くする方法を忘れていました。 シンプルな生活をお楽しみください。 人々には時間がないようです。 しかし、もし私がコミュニケーションをとることができれば、もう少し時間、空間、そしてケアをすることが可能であり、そうすることによって、わずかに異なる世界を作り出すことができることを示すことができれば。 それが私が伝えたいことです。 急須で時間をかけてお茶を作る(急須、急須)。 そして、人々が自分自身のためだけでなく他の人のためにもお茶を浸すプロセスを楽しむために。 結局のところ、お茶は喉が渇いたときに飲むものではありません。  

 

喉が渇いたら、水を飲みます。 私たちが作るお茶は喉の渇きを癒すためのものではありません。笑い]? とにかく、通常、お茶に関してこれとそれについて多くのことを話し合った後、最終的な締めくくりとして、それでは、顧客にどのようなお茶を飲ませたいかと言って締めくくります。 だから、私のお茶のパンチステートメントは、喉が渇いたときに水を飲むということです。  でも、私が作るお茶は、喉が渇いたときに飲むものです。y [笑い]. 


モエ:  素晴らしい! 上島さん[笑い]. 

 

たぶん、上島さんのお茶は、この時期の心の渇きを癒すために必要なものなのかもしれません…私と同じように、彼の読み聞かせとユーモアのセンスを楽しんでいただけたでしょうか。 取材では、上島さんから和束茶カフェの歴史についても知りましたので、今後の主要なお茶の産地である和束への投稿にその情報を盛り込んでいきたいと思います。 元気でお茶を飲み、時間と空間を使ってお茶を共有するプロセス全体を楽しんでください!  

 

 

*注意:  この投稿の写真はすべて、特に記載がない限り、上島草楽園(上島茶園)のものです。 上島さんのお茶をチェックしたい方は、ぜひアクセスしてみてください。 詳細を見る

 

 

 

 

ちゃのま京都府岸田文雄有機茶栽培無農薬茶農家インタビュー上島茶園和束

1コメント

キャサリンバーネット、グローバルティーイニシアチブ、カリフォルニア大学デービス校

キャサリンバーネット、グローバルティーイニシアチブ、カリフォルニア大学デービス校

とても素敵な記事と上島さんの素敵な紹介。 彼の価値観と目標に感謝します。

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます