静岡県ナチュラリティーでお茶を収穫
0コメント

読売新聞が21月XNUMX日に報じた 日本の農林水産省の統計によると、15年の日本のお茶の生産量は前年比2020%減の69800トンでした。

静岡県は、政府のデータによると、25200トンのお茶を生産し、日本最大のお茶の生産国としてトップの座を維持しています。 この称号は、1959年に47900トンが生産されて以来、県が保有しています。 しかし、静岡市は2番目の生産者である鹿児島よりもはるかに多くのお茶生産専用の土地を持っていますが(13700ヘクタール対7970ヘクタール)、鹿児島の生産者はここ数十年でお茶の栽培と生産の機械化に投資し、より効率的にお茶を生産できるようにしています。

鹿児島のより平坦で広大な茶畑は、より効率的なトラクター式の機械を畑で使用できるようにし、ボトル入り茶産業向けの大量生産茶の需要の高まりに対応するため、県内では大規模な工場が一般的です。 読売の記事によると、鹿児島の農家の97.5%がトラクター式の収穫機を利用しているのに対し、静岡では65.8%です。 今年、鹿児島は23900トン、つまり日本のお茶の総生産量の34%を生産しましたが、静岡市は36%でした。

日本の一般人口が葉茶から瓶茶に切り替わるにつれ、お茶の平均価格は卸売りで下落し続けていますが、輸出される日本の緑茶の平均価格は総輸出量とともに着実に上昇しています(6.4年の総生産量の2019%によるとに 農林水産省)。 日本茶の輸出動向は、外国の茶消費者の需要の高まりと、より高品質への意識の高まりを反映しています。

特集画像:でお茶を収穫 ナチュラリティー、藤枝、静岡

日本のお茶業界のニュース

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます