冬に収穫される珍しい日本茶「かんちゃ」
0コメント

みなさん、こんにちは! このブログ投稿であなたが健康で元気になることを願っています。今日は冬至を歓迎し、年末に近づいています。 

典型的な日本茶に精通しているなら、おそらくXNUMX月の終わりからXNUMX月の初めが最高のお茶の収穫期だと思うでしょう。 結局のところ、それがあります 有名な日本の伝統的な茶歌 これは、夏が近づき、お茶の収穫のための88番目の夜に言及しています。 しかし、日本には一年で最も寒い時期に収穫される「かんちゃ」と呼ばれる伝統的なお茶があります。 かんちゃは文字通り英語で「冷たいお茶」を意味します(つまり、「かん」は冷たいお茶を意味し、「茶」はお茶を意味します)。葉は冬の季節に収穫されます。 伝統的に、この期間は「大観」(日本語: 大寒;大寒を意味する)前の古い東アジア暦で「立春」または春の初め(約20月4日からXNUMX月XNUMX日)。 

現在、収穫期間は地域によって異なりますが、通常はXNUMX月からXNUMX月中旬に発生します。 この意味で、かんちゃはお正月の一番早く収穫された茶葉と考えることができます! 葉は冬の落ち葉のように見え、広い範囲に分類されます 番茶(粗い晩収穫茶) カテゴリ。

 厚くて幅の広いカンチャの葉は、優しい甘い香りがします。 による写真 茶園みとちゃ.

 

カンチャの作り方

現在典型的な日本茶(煎茶、玉露など)と考えられているもののために栽培された茶茂みと比較した、かんちゃ用の茶茂みの主な違いは、かんちゃを作るために収穫された茶葉は、一般的に残されている茶樹から来るということです野生で(つまり、人間の世話や世話をあまりせずに)周囲の環境と一緒に。 したがって、カンチャの茶樹は、他の商業茶畑で一般的であるように伐採されていないため、より木のようです。 これはおそらく、 さんねん番茶 それは茶の茂みをXNUMX年間成長させることによって作られています。 

かんちゃについて注意すべきもう一つの要素は、かんちゃを作るための茶葉が手、はさみ、または カーマ (鎌の種類)。 葉は枝のかなりの部分と一緒に収穫されます。 蒸しは収穫プロセスに従います。 他の日本の緑茶と比較して、蒸しプロセスは30分からXNUMX時間まで非常に長く続きます。 蒸した後、葉と小枝を分離し、最後のステップは茶葉を天日干しすることです(てんびぼし 日本語で)。

かんちゃが作られている村のひとつであるししくいちょうでは、収穫、蒸し、手で葉を個別に巻いて、雑貨を作ってから、もう一度手で巻くという追加の手順があります。  ここに、かんちゃ作りの様子をご覧いただけます(注意: 日本語の記事)。 

 かんちゃ蒸し-茶園水茶かんちゃ作りの蒸し工程。 茶葉と茎は木製の樽で作られた蒸し器で蒸され、薪で沸騰したお湯から作られた蒸気の上に置かれます。 写真提供 茶園みとちゃ

 

カンチャのバリエーション

カンチャは最近ではかなり珍しいですが、このフォークティーには、その産地によってXNUMXつの主なバリエーションがあります。 

 

愛知県あすけ

愛知県西尾市は抹茶の品質で有名ですが、 アケ 足助寒茶で有名な足助(現在は豊田市に合併)。 若い茶農家 茶園水茶の茅下優希 日本の伝統的な民俗茶の保存に取り組んでおり、現在はあすけ村のスタイルでかんちゃを作っています。 彼の農場は奈良県に拠点を置いていますが、彼は阿助村の農家から学びました。 私は最近彼を注文しました まきびかんちゃ薪冬緑茶 試してみると、冬の茶葉がたっぷり入ったティーバッグを開けて、葉の心地よい甘い香りと太陽の光が心地よく感じられました!

 

カンチャシャドウ-岸田文雄冬至の外でティーファーム水茶のかんちゃを楽しむ…そうです、茶碗にも長くてかわいらしい影があります!

 

徳島県宍喰

かんちゃが生産されているもう一つの村は、 宍喰 (日本語: 宍喰)徳島県最南端にある約XNUMX戸の農家の居心地の良い山間の集落です。 かんちゃを作っているこの地域のおばあちゃんに聞いてみると、いろいろな種類のお茶を飲んだが、冬に摘んだ粗い茶葉を好むと自信を持って教えてくれます。春)栄養たっぷりで、一番甘いので!

ここでは、この村の人々は実際にこれらの畑を「野ネズミによって作られた茶畑」と呼んでいます。野生のネズミは冬眠する前に多くの茶の種を選んで食べます。 カンチャの話に出くわすまで、野生動物が栄養源としてお茶の種に興味を持っていることを私は実際に知りませんでした! とてもかわいいのは、これらの野ネズミがこれらの茶の種を巣に運んだり、保管場所に隠したりすることです。 しかし、それらはあまり巧みで忘れっぽくないので、茶の種はランダムな場所から芽を出し、茶の茂みに成長します。 これらの野ネズミのおかげで、茶畑は自然に広がり、茶農家はわざと茶の種を蒔き、チームワークを高めています。 

 

あすけも宍喰も、かんちゃを作るのに必要な茶葉は、かなり野生の茶畑から収穫されています。 したがって、農薬や化学肥料を使用する必要はありません。 多くの場合、かんちゃ茶畑は傾斜した山岳地帯にあります。 さらに、(商業茶畑で一般的に見られるように)森から離れているのではなく、木も茶の茂みと共存しています。 たとえば、夏の間、落葉樹は自然な陰影を提供し、茶の茂みが太陽を浴びすぎて苦味を感じるのを防ぎます。 秋になると、樫の木などの木が葉を落とし、茶の茂みに天然肥料を提供します。 この自然環境はまた、野ネズミやイノシシなどの野生の山岳動物とのすっきりとした共存を維持しています。 たぶん、かんちゃの残念なところは、このお茶を作る人がほんの一握りであるため、あまり生産されていないことです。 さらに、このお茶の作り方を知っている人は年をとっています。 とはいえ、かんちゃは市場に出回ることは少なく、主に地元の人向けの飲み物です。 そのため、かんちゃは珍しい民俗茶とされています。 

さて、北半球で最も短い日なので、このブログ投稿を比較的短くて軽いものにまとめます。 しかし、もっと関連した読書をしたい場合は、以下のリンクをチェックしてください。 楽しみ! 

さらに読む/関連記事

 

注目の画像; マキビかんちゃ薪冬緑茶 茶園みとちゃ.  

かんちゃ地域番茶茶園みとちゃ伝統野生の茶畑冬の収穫冬至冬のお茶

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます