きろく茶園
1コメント

本日は、キロク茶園の5代目茶農家・堀めぐみさん(略してUi)さんへのインタビューをお届けします。 京都府和束 彼女、母親のヨーコ、そして妹のヒロエは、自分たちでお茶を育てて加工しています。 彼らのお茶が特別な理由は何ですか? きろく茶園には独自のお茶と抹茶の加工設備があり、それぞれの茶畑を個別に処理して独自のシングルオリジン茶を作っています。 堀さんはそうです、女性が経営する茶畑はかなり可能ですが、6匹の猫からの海外とのつながりや家の近くからのサポートと快適さを高く評価していると私たちと共有しています! 日本のお茶産業の衰退を懸念しながら、キロクティーガーデンの女性たちは、希少なお茶の品種を試して、限られた量の抹茶を作り、日本のお茶の世界に新しいエネルギーをもたらすことに情熱を注いでいます。

 

モエ: さて、堀さん、今日はお誕生日おめでとうございます。お誕生日おめでとうございます。 そしてお誕生日おめでとう!  私はすでにあなたの背景について少し知っています きろく茶園 ページ Yunomi、でも、どのくらい正確に茶農家になろうと決心したのか聞いてもらえますか? 

 

堀さん:宮村さん: お祝いありがとうございます。 お茶の農家になるという私の決断に関して…まあ、私の兄弟はすべて女性です。 そして、正直に言うと、最初は茶畑の仕事が本当に好きではありませんでした。 なぜなら、私たちが若い頃、お茶しか気にしないように見える両親を見たからです。 彼らはお茶のためだけに生きていたので、もっと注意が必要だったと思います[笑い]. しかし、私たち(つまり彼らの子供たち)が両親の仕事を続けなければ、他の誰もそうしないだろうと私は考えました。 だからそれはいつも私の心の中にありました。 


実は結婚して大阪で働いていたので、和束からしばらく離れていました。 なので、繁忙期には大阪から和束を訪ねて手伝いをしました。 しかし、やがて私の結婚生活は崩壊し、私の心は重く感じました。 それで私は茶園に戻りました。 お茶の仕事は労働の面では非常に難しいですが、心には柔らかくて優しいです、 ええと? ですから、父が亡くなったとき、私はすでに和束の茶畑を手伝っていました。 そして、一人でできる仕事ではないので、母と一緒に両親の仕事を続けることにしました。 お茶の仕事を続ける決心をする前から、(私ではなく)引き継ぐべきかと尋ねる男性もいました。 しかし、私はそれを拒否し、私はそれができると彼らに言いました。 それで、それ以来、主に私たち二人が一緒に仕事を続けています。

 茶畑に出かけるキロク茶園の女性たち。 京都府和束町。  

 

モエ: それで、それは主にキロク茶園のあなたとあなたのお母さんでしたか? 

 

堀さん:宮村さん: はいはい。 そして、私の妹は私たちの碾茶工場での仕事を担当しています。 通常、彼女は他の場所で仕事をしていますが、時が来れば、彼女は工場で手伝います。 和束町に茶農家が独自の碾茶工場を持っていることは珍しいことではありませんが、私たちは碾茶を持っている数少ない家族の一人です。 それは私たちの遺産にあります。 一般的に、茶農家の多くは収穫した茶葉を共有の集合工場に持ち込み、そこで加工を行っています。 それどころか、お茶の収穫から製造までの全工程を担当しています。 子供の世話をするように、とても甘いです[lr]。 そうは言っても、繁忙期にはやるべきことがたくさんあります。 私たちは睡眠不足になり、午前3時まで働き続けるかもしれません…ですから、工場を所有することは、健康と幸福に課せられるリスクを高めると思います。 ありがたいことに、収穫期にはパートタイムの労働者から少し助けを得ることができます。 

 

モエ: あなたが言及している いちばんちゃ (最初のフラッシュ), にばんちゃ (夏の収穫)季節?

 

堀さん:宮村さん: はい。 この間、私たちはこう言います。千郎がいのち"(日本語: 線路が命)。 つまり、収穫期には、すべての準備が整っていることが不可欠です。 茶葉を収穫したら、次のステップに進み、次のステップに進みます...だから私たちは言います 千郎 は生命です(文字通り鉄道を意味しますが、処理ラインを指します)。 パートタイム労働者からのより多くの手で、私たちはプロセスをよりスムーズにすることができます。 

 

モエ: あなたの前の世代と比較して、お茶の栽培や農業の方法はどのように変わりましたか? 


堀さん:宮村さん: ええと、私は口頭で伝えられた知識しか持っていないので、100%確信はありませんが、当時、彼らはあなたが知っていることを何も持っていませんでした。 機械も車もありません...私の曽祖父は森に入ってのこぎりで木を切り倒し、「かいこん"(日本語: 開墾;農地のためのスペースを作るために森林を伐採するプロセス)。 それから彼らは土を準備し、茶の茂みを植えるために穴を掘りました。 茶畑の規模ははるかに小さかった。 茶畑がXNUMXつあればかなりまともだと思います。 収穫の時が来ると、彼らは手作業で、またははさみで茶葉を摘みました。 彼らは今日のような巨大な茶工場を持っていませんでした。 そのため、茶農家の中には、茶葉をマッサージ、加工、製造する小規模な茶工場がありました。 

現在、機械化により、茶畑は規模が拡大しており、より効率的な速度で収穫できる機械があります。 さて、私たちキロク茶園には独自の碾茶工場がありますが、より典型的なのは、これらの茶葉を共有工場に持ち込み、茶農家が茶葉のマッサージ、加工、製造を他の人に委託することです。 そこから、農業協同組合のメンバーはそれを商業販売市場に持ち込み、そこで価格が決定されます。 

かつて茶農家はお茶を育てるだけで生計を立てることができましたが、今ではもう少しやりがいがあります。 そして、昨年、Covidで、状況は異なってきました。 お茶の市場では、 煎茶 (新しく収穫されたお茶)が落ち、その量だけの価値があります にばんちゃ (夏の収穫)お茶。 それは日本のお茶業界に少し圧力をかけています、私は少し危機を感じています。 それが私たちに直接的な影響を与えるとは思いませんでした。  

 きろく茶園インタビュー-岸田萌キロク茶園の祝龍実さんへのインタビューを収録したズームワールドスナップショット

 

モエ: はい、コビッドはさまざまな方法で(間接的な)直接的な影響力を持っており、今もなお持っています。それは私たちの相互接続性を示していると思います。それは新しい常識のようです...しかし、特に和束に関しては、そこにいたので、個人的には熱意のある若い茶農家がいるような気がしました(「アッキー」(北明弘)のように) おぶぶ茶園 及び 修さん)? 

 

堀さん:宮村さん: まあ、それはほんの数人の茶農家です。 人口の高齢化に伴い、この仕事を続ける若い世代が不足していると思います。 和束に初めて来た時と比べると、人口は半減しました…つまり、お茶を飲み続ける人はさらに少なくなるということです。 今後10〜15年で和束に廃茶畑がたくさんあるのではないかと思います。 残念ですが、最近の日本人の世代は、ペットボトルからお茶を飲むのではなく、お茶を飲むという点で変化しています。 急須 (ティーポット)。 日本人自身はお茶をあまり尊敬していないようです。 

これが現実です…ボトル入りのお茶に使われるお茶はもっと安い値段で買えるので、誰が私たちのような高品質の良いお茶を買うのでしょうか? それどころか、海外市場にはもっと希望があります。 実は、キロク茶園では、ソーシャルメディアのおかげでもう少し注目と支持を得ています。 たとえば抹茶を泡立てる写真をアップロードすると、人々が感謝したりコメントしたりするのを見るのは、実は嬉しい驚きです[やわらかい笑い]。 特にこの時期は心が温まりました。 パンデミック以来、今では海外でのつながりや友達が増えています。 ええと、私は実際にこれらの人々に直接会ったことはありませんが、彼らは私たちの友達です。 日本では、これはあまり人々の注目を集めていないようですが、 でも海外では、XNUMX人の女性が茶畑を経営しているので、応援したいという声が多く寄せられています。

 

モエ:  日本の状況は残念ですが、海外からの応援もあり、嬉しいです。 それは間違いなく励みになります! この考えに加えて、キロク茶園のユニークな特徴のXNUMXつは、あなたがXNUMX人の女性で茶園を経営しているという事実だと思いますか。 そして、それが原因で直面した課題にはどのようなものがありますか? 

 

堀さん:宮村さん:  はい、それが一番だと思います。そして、私たちが直面している課題に関しては、実際には非常に単純です。 ええと、基本的に、私はかなり背が低く、スタミナがあまりありません。 しかし、結局、すべてを行うことは可能です[笑い]!

 

モエ: ああ、心は私たちができることとできないことを制限する傾向があります…私はまだキロク茶園のお茶に精通していないのではないかと思います。 あなたのティーファームを定義するお茶、またはあなたが強調するお茶はありますか? 


堀さん:宮村さん: あさのかというお茶の品種があります。 藪北と中国の品種の品種である鹿児島(枕崎研究センターで開発、1996年登録)を起源とする品種です。 和束で初めて浅野香を栽培した茶園でした。 さて、煎茶を作るのに一般的に使われている品種なので、煎茶を育てて煎茶を作る人が他にいると思います。 しかし、私たちの茶畑では a抹茶を作るさのか. 全国でもあさのか抹茶を作っている人はいないかと思いますが…わかりません! その意味で、私たちはかなりユニークかもしれません。 だから、私はそれが私たちのトップ製品だと思います。 抹茶として(泡立てると)、とても素敵な泡、フルーティーなエッセンスを備えたビロードのような滑らかさが得られます。 ああ、そして今年は、7種類のお茶の品種で抹茶を作って、お客様と一緒に何か新しいことを試みました。 そして、抹茶サンプラーをアンケートでお客様に送り、お客様の一番好きなものを把握し、ご意見を伺いました…

 

[鐘の音]

 

モエ:  すみません、私の猫は一人で遊んでいます…この時間(中央ヨーロッパ時間の午前6時30分頃)に起きているのは彼女だけです。 

 

堀さん:宮村さん: XNUMX匹の猫がいます...

 

モエ: うわー、 XNUMX、それはかなりたくさんです!

 

堀さん:宮村さん: みんなとてもかわいいです。 私は猫の人です、私は本当に彼らが大好きです! [堀さんと宮村さんが猫を連れてきます]これはゆずという名前です。 そして、私たちの猫はすべて名前にちなんで名付けられています 和菓子 (和菓子):きな粉、あんこ、ドラ(どら焼きの後)、最中、ゆず…お母さんはマイク。 それらはすべて茶猫です、あなたは知っています。 Instagramのページに登場することもあります。 そして、茶畑で働くことに疲れたとき、それは私にとってセラピーのようなものです。 

 

最中-キロク茶園
最中、XNUMX匹の茶猫のXNUMX匹。 

 

モエ: うーん、昼寝と休息の重要性に関しては、私の猫は私の最高の先生です。 私はあなたの猫についてあなたに質問し続けることができると思います[やわらかい笑い]しかし、私は私たちをお茶に戻します。 茶畑の作付体系に関して何か特別なことはありますか? 

 

堀さん:宮村さん: さて、キロク茶園では特に何もしていませんが、茶の茂みにかかるストレスを最小限に抑える方法を考慮しています。 私たちが収穫するとき にばんちゃ 必ずローテーションを行います。 つまり、2〜3年ごとに、茶の茂みを休ませるために、「」と呼ばれることを行います。ちゅがり「(日本の中刈り)は、茶の茂みの一部を深く剪定することです。

さらに、私の母はすべてに非常に細心の注意を払っています。 ですから、少しでもお茶の茂みにストレスをかけると、彼女は私に腹を立てます。 私の母と一緒に、彼女の心は本当にお茶の栽培のすべてのプロセスにあり、雑草を摘むときでさえ、すべてが細心の注意を払って行われます。



きろく茶園-母堀さんのお母さんがキロク茶園のお手本になっています。

モエ: ああ、除草ダンス! 2019年夏に和束で行った仕事の多くは除草でした。 でも、お母さんのようにもっと心を込めてやったら、少し違っていただろう。 茶園で好きな仕事や季節があるのか​​知りたくなりましたか? 

 

堀さん:宮村さん: 私にとって、収穫期は私の好きな時期です。 仕事はたくさんありますが、農場を手伝ってくれる新しいパートタイムの労働者がいるので、新しいエネルギーがあり、まるで新鮮な春のそよ風のようです。 その時以外は、寒くて暑い湿気の多い日中、毎日、熱心に母親と一緒に仕事をしています。 ああ、昨年、私たちはアメリカ人の女の子が2〜3ヶ月間私たちと一緒にインターンしていました。 私たちは グローバル日本茶協会、シモーナは私を彼女に紹介してくれました。 外国人の中には日本茶に深い情熱を持っていて、お茶の栽培に興味を持っている人がいるのは素晴らしいことだと思います。 私が英語に堪能であることができれば、それはより良いでしょう[笑い] ...しかし、私はまったく話すことができません。

 

モエ:  フランスでも言葉の壁に苦しんでいます。 しかし、それは大丈夫です、結局のところ、あなたは日本にいます。 そして、あなたはボディーランゲージを通してコミュニケーションすることができます、観察することによって聞くこと、お茶の仕事はそのように行うことができますね? 彼女は日本語を話しましたか? 

 

堀さん:宮村さん:  はい、彼女は英語の先生として日本に来たので少しできました。 しかし、コミュニケーションにはいくつかの課題がありました。 それでも、彼女はきちんと仕事をしてくれて、私も私の貧弱な英語で最善を尽くしました[笑い]。 全体として、それは私たちにとって非常に良い経験でした。 Covidが落ち着いたら、同じようなことができるといいのですが。 私は、茶畑の放棄と日本の茶産業の将来について本当に心配しています。 和束の人だけでは十分ではありません。 そして、和束以外の人と言うのは、もっと熱狂的かもしれないからです。 しかし、当分の間、パンデミックの最新の挑戦があっても、私たちはここで私たちの仕事を続けます。 後 長年のハードワークの中で、私たちの家族が多大な注意とエネルギーを費やしてきたものを手放すことは困難です。 

 

モエ:  お茶の仕事に対するあなたの献身と精神をとても尊敬し、尊敬しています。 そしておそらく、近い将来、放棄された茶畑から新しい機会と関係が生まれるでしょう。 よろしくお願いします…さて、本日はお時間をいただき、誠にありがとうございました。 きろく茶園の背後にいる女性たちのことをもっと知ることができて嬉しかったです。 一緒に私たちの時間に閉鎖をもたらすために、 他に、お客様に伝えたいことはありますか? Yunomi? それともあなたのお茶を飲む人々に? それともあなたが話したかった他の何か? 

 

堀さん:宮村さん: いつもお茶と抹茶を飲んでいただきありがとうございます。 おかげで Yunomi そしてInstagramには、世界中にたくさんの友達がいます。 また、みんなにもっと日本茶を飲んでもらいたいです。笑い]。 そして、彼らがもう少し気にかけ始めたら、私のビジョンは、世界中の人々が茶畑が繁栄し、放棄されないように手助けすることです。  そして、キロク茶園にぜひお越しください。 お会いできたら嬉しいです! 

 

左から右へ:堀さんと宮村のピンクのハイライト。 母と娘。 堀さんのグラフィックアートのバックグラウンドのおかげで、キロク茶園はかなり精通しています ウェブサイト 及び Instagram 美しい茶畑の写真でアカウント。 そして、あなたが猫好きでもあるなら、それはボーナスです!


インタビューの最後に、堀さんは髪の毛にピンクのハイライトを見せてくれて、色を追加すると茶畑のステップで元気が出ると教えてくれました。 彼女の母親はまた、髪に紫を加えることを楽しんでいます。 堀さんは誕生日に特別なことは何もしていないと言っていましたが、この日の一員になれたのは幸運でした。 

 

注意: このインタビューは、19年2021月XNUMX日、茶園のオフシーズンに日本語で行われました。 今、女性たちは、最初のフラッシュシーズンの準備のためにお茶の茂みの世話をしているので忙しくなっています。 このブログ投稿のすべての写真はによって提供されました きろく茶園。 注目の画像では、XNUMX人の女性が左から右に茶畑のXNUMXつの前に一緒にいます。 ヒロエ(姉)、ヨーコ(母)、ウイ。 

 

日本の50の主要なお茶の産地あさのか京都府祝龍実岸田文雄お茶猫茶品種茶農家インタビュー和束女性の茶農家

1コメント

スティーブリン

スティーブリン

とても素晴らしい記事です。 頑張ってください!

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます