日本茶のリスト
2コメント
このリストは常に不完全であり、絶えず進化しています。 定義は、日本市場で見られるものに基づいています。 クイックリファレンスとして説明を比較的短くするようにしていますが、一般化しすぎないようにしています。日本市場では、用語の標準的な使用には例外があります。
  1. 荒茶 –荒茶–文字通り「粗茶」。 日本のお茶の生産は、収穫–>蒸気–>ロール–>乾燥–>選別–>後処理として理解(簡略化)できます。 アラチャ茶葉は、乾燥させたものの分別されていない葉です。 選別プロセスでは、葉を茎、扇子、ほこりから分離します。 真のアラチャも約5%の水分を保持し、商品としてはまだ完成していません。精製工場(通常は卸売会社でもあります)はアラチャをグリーンローストして水分を1〜2%程度に減らします。 市販のアラチャは、一般的に少なくとも少しはグリーンローストされていますが、分類されていないままになる可能性があります。
    すべてのアラチャを買う
  2. あさむしちゃ –浅蒸し茶–通常は煎茶を指す軽い蒸し茶。 一般的に、最高品質のお茶は軽く蒸します。つまり、約30秒間です。 これにより、葉の形が維持されます。 チュウムシやフカムシ(中蒸し、深蒸し)は、葉を分解して風味を出しやすくするため、お茶の良さがあまり味わえない葉に使われます。
    あさむしちゃを全部買う
  3. 阿波番茶 –阿波番茶–阿波番茶は徳島県産のわずかに発酵させた番茶で、乳酸とも呼ばれる乳酸を含み、辛味があります。
    阿波バンチャを全部買う
  4. 番茶 –番茶–文字通り「普通のお茶」とは、最大量(最大収穫量)で大きく成長することが許可された葉を指します。その結果、カテキンのレベルが最大になり、非常に健康的でありながら苦味が増します。 ただし、番茶は通常夏または秋に収穫されるため、春に収穫されたお茶よりも全体的なカテキンの含有量が少なくなります。 注意してください、この番茶の定義は主に東日本で使用されますが、同等の用語は西日本(京都など)の柳番茶柳番茶です。 西日本では、「バンチャ」は焙煎茶またはほうじ茶を指します。
    すべての番茶を買う
  5. バタバタチャ –バタバタ茶–通常は泡立てて飲む後発酵茶で、日本海沿岸の富山県で生産されているばたばた茶は、この地域での結婚式の後に花嫁を紹介するときなどのイベントで提供されます。 新潟県糸魚川市のハーブとお茶のブレンドも同じ名前を使用しています。 「ばたばた」とは、泡だて器の音のことです。
    すべてのバタバタチャを買う
  6. ボテボテカ -ボテボテ茶-江戸時代に島根県の鉄鋼労働者の間で、おそらく日本の茶道を模倣して生じたお茶の飲み方。 立ったままお茶を泡立てて泡立て、お茶の中にいろいろな食べ物を入れます。 それからあなたはボウル全体を飲みます...食べ物とお茶を飲みます。
    すべてのボテボテカを購入する
  7. ブーチャ –棒茶-BouchaまたはBōcha(文字通り「スティックティー」)は、茎茶のローストの別名であり、茎茶またはほうじ茶のサブセットと見なすことができます。 使用される茎は通常大きく(大きくて成熟した葉の中央の茎、または葉が取り付けられている茎のいずれか)、お茶に棒のような外観を与えます。 と呼ばれることもあります 久喜ほうじ茶.
    ほうじ茶と久喜ほうじ茶をすべて買う
  8. ブクブクチャ -ぶくぶく茶-沖縄、番茶、 サンピンチャ 泡だらけの山に泡立てて、少量のセキハンライス(小豆入りライス)と一緒に飲んだり食べたりします。
  9. シャー –茶–茶はお茶の総称です。 これは、あらゆる種類のお茶で作られたfrmo camellia sinensisを指しますが、日本では、「チャ」という用語は、チザン/ハーブティーにも使用されます。
  10. チュムシチャ –中蒸し茶–文字通り「中蒸し茶」とは、浅虫と深虫の間にある茶葉を指します(蒸し時間は浅虫より長いが深虫より短い)。 ちゅむしちゃが定番のお茶と言えます。 葉は浅虫より小さくなり、お茶は緑がかった黄色に染まります。
  11. ふかむしちゃ –深蒸し茶-文字通り「深蒸し茶」とは、アサムシチャやチュムシチャよりも長く(1〜3分)蒸した茶葉を指します。 お茶の葉は通常の煎茶に比べて粉っぽくなり、その結果、お茶の色は濃い緑色になり、風味が豊かになります。
    深蒸し茶を全部買う
  12. ふつむし -普通蒸し-通常または定期的な蒸し。 Chumushichaを参照してください。
  13. 玄米茶 –玄米茶–玄米茶は、煎茶や番茶にご飯を混ぜて作ったお茶の一種です。 種類はさまざまですが、ご飯と番茶の比率が1:1が標準玄米茶とされています。 使用する茶葉は通常のお茶の半分であるため、玄米茶は煎茶や他の緑茶に比べてカフェインが少なくなっています。
    玄米茶を全部買う
  14. 碁石茶 –碁石茶–碁石茶は日本で唯一の発酵茶で、後発酵と呼ばれる特別な方法で作られています。 四国の高知県で作られた碁石茶という名前は、日本のゲーム「伊郷」に由来しています。 お茶は少し酸っぱい味がします。
    碁石茶を全部買う
  15. グリチャ –ぐり茶–グリチャは玉緑茶の別名です。
    グリチャと玉緑茶をすべて買う
  16. 玉茶/たまちゃ –玉茶–文字通り「丸いお茶」とは、煎茶の圧延工程で作られたお茶です。 通常、お茶は針の形に作られますが、代わりにいくつかのお茶はボールに丸められます。 お茶自体は煎茶ですが、何度か浸すことができます。 おやつとしてもお召し上がりいただけます。
  17. 玉露 –玉露–玉露は煎茶の一種ですが、異なる条件で栽培されています。 煎茶は太陽の下で育ちますが、玉露は日光から遮断されます(約20日間日陰になりますが、長さは農家や地域によって異なります)。 味に苦味を与えるカテキンは日陰で減少し、代わりに高いL-テアニンアミノ酸含有量を維持します。 その結果、お茶のうま味が増します。
    玉露を全部買う 
    トップ10ベストセラー玉露2021を見る
  18. 玉心 –玉真–玉露の製造工程で、未精製の玉露からろ過されたメカ(小さな葉の先端)。 この名前は主に京都で使われています。 
    玉神を全部買う
  19. ほうじ茶 –ほうじ茶–ほうじ茶、一般的には番茶緑茶。
    ほうじ茶を全部買う
    ほうじ茶10のベストセラートップ2021をご覧ください
  20. 石土黒茶 -石鎚黒茶-文字通り「ストーンハンマー紅茶」、この民俗茶は山にちなんで名付けられました。 愛媛県の石鎚。 発酵後のお茶で、夏に大きな葉を持つ植物から枝全体を切り取り、葉が枝から落ちるまで樽で蒸します。 茶はアスペルギルス属のカビで約2週間発酵させた後、軽く丸め、乳酸菌を用いて再度3〜2週間嫌気性発酵させ、最後に3〜XNUMX日間天日乾燥させます。 
  21. 釜炒りちゃ –釜炒り茶–釜炒り茶は、蒸す代わりに鍋で葉を加熱して作られます。 多くの中国茶はこの方法を使って緑茶を作り、南日本で何世代にもわたって実践されてきました。
    釜炒りちゃを全部買う
  22. かんちゃ –寒茶–文字通り「冷たいお茶」。これは冬の真っ只中(XNUMX月からXNUMX月)に摘み取られた大きくて厚い成熟した茶葉から作られた民俗茶です。 このフォークティーには、それが生まれた特定の村に応じていくつかのバリエーションがあります。 たとえば、四国島徳島県の山岳地帯にある宍喰村では、摘み取った葉を蒸し、手で個別に巻いて、天日干しして、再び巻いて作られています。 ((朝日新聞による農民石本明美の短い日本のインタビューを見る)。 しかし、四国の愛媛県の足助村では、葉はまったく巻かれておらず、蒸してから天日干しにしています。 茶園みとちゃ奈良の山を拠点に、現在はあすけ村風のかんちゃを作っています。
    すべてのカンチャを買う
  23. カリガネ –雁/雁ヶ音–カリガネとは、玉露または高級煎茶から作られた茎茶を指し、主に関西地方(西日本)で使用される用語です。 カリガネは、日本の伝統的な詩的な美学の美しさを象徴するモチーフのガチョウである「ガチョウの音」と訳されています。
    茎茶を全部買う
  24. かぶせ茶 –被せ茶–かぶせ茶は玉露と煎茶に分類されるお茶です。 葉のつぼみから約XNUMX週間日陰になり、コクとコクのバランスがとれています。
    かぶせ茶を全部買う
  25. コイチャ –濃茶–抹茶は、非常に厚くした抹茶の用語です。 茶道では、茶杓XNUMX杯の抹茶を少量の温水を入れたボウルに入れてお茶を作ります。 泡だて器というよりは、濃くて濃い抹茶を作るのではなく、こねるようなものです。 Koichaはゲストを歓迎し、扱うための最も重要な方法であると言われています。 多くの場合、ボウルはゲストの間で回され、各ゲストが一口飲みます。 茶道の学校によって練習が異なる場合があります。 ((詳細については、ブログ「DiscoverKoicha」をご覧ください。)
    Koichaをすべて購入する
  26. 粉茶 –粉茶–文字通り「粉末茶」である粉茶は、お茶の粉末と混同されることがよくありますが、実際には、加工後に残った茶葉のごく一部で構成されたお茶です。 浸す時間が短く、魚臭さを消す苦味と低価格で寿司屋で出されるお茶として知られています。
    すべてのコナチャを購入する
  27. 茎茶 –茎茶–茎茶は、茶樹の小枝や茎から作られたお茶の一種です。 処理中に茎が葉から分離され、集められた茎が茎茶になります。 茎茶は他のお茶に比べて渋みが少ないです。
    茎茶を全部買う
  28. 倉だしちゃ/じゅくせいちゃ –蔵精茶/熟成茶–倉だしちゃとは、春(新茶の季節)​​に摘み取られ、貯蔵庫で熟成または熟成された煎茶のことです。 これらの熟成した新茶は、より丸みのある味わいでうま味が豊富になります。
  29. 京番茶 –京番茶–京番茶は京都のお茶で、番茶やほうじ茶の一種です。 標準的なお茶とは異なり、葉は蒸し、乾燥し、焙煎します。 加工時に葉が丸められないため、サイズが大きくなります。 ほうじ茶よりもスモーキーな味わいで、カフェインが少ない(またはほとんどない)。
    京番茶を全部買う
  30. 抹茶 –抹茶–抹茶は碾茶から作られた粉末茶です。 碾茶の茶葉は玉露と同様の製法で製造されますが、茶葉を丸めずに乾燥させます。 その後、茶葉はミルを使用して微粉末に粉砕されます。 お茶の儀式には高級抹茶が使われますが、通常の抹茶は料理、焼き菓子、飲み物に混ぜるのに使えます。
    抹茶を全部買う
    トップ10ベストセラー抹茶2021をご覧ください
  31. メカ –芽茶–メカとは、葉の先端または小さくて柔らかい葉から作られたお茶のことで、加工中に他の葉から分離されます。 メカは濃い緑色で、うま味がたっぷり。
    すべてのメカを購入する
  32. 美馬坂番茶 –美作番茶–岡山県産のわずかに発酵させたお茶。 葉と茎は鉄鍋で茹でます。 茹でた茶葉を藁のマットの上に広げます。 お茶を沸騰させるために使用した調理水を、日光の下で乾燥させながら茶葉に振りかけます。 お茶に水をまき散らしたお茶の付着により、乾燥した茶葉の色が琥珀色になります。
  33. ニホンチャ –日本茶–日本茶の用語で、一般的には日本の伝統的な日本茶を指し、日本の紅茶や日本で生産されたウーロン茶ではありません。
  34. 緑茶 –緑茶–緑茶の日本語の単語。 これは、たとえば、ボトル入りのお茶やティーバッグを作るために低品質の葉を使用したとメーカーが言いたくない場合によく使用されます。 また、生産者が伝統的な用語での分類を妨げる方法で革新した場合にも使用されます。 福島さんのロイヤルエメラルドティーパウダーはそのような革新のXNUMXつです。
  35. サンピンチャ -さんぴん茶-沖縄で伝統的に飲まれているサンピンチャは、中国のウーロン茶とジャスミンの花から作られています。 原料が中国産であるという点で厳密には日本茶ではありませんが、何世紀にもわたって沖縄の文化の定番となっています。 
    Sanpinchaを購入する
  36. 煎茶 –煎茶–煎茶は日本製の緑茶の一種で、収穫後すぐに茶葉を蒸し、丸め、乾燥させて酸化を防ぎます。 また、玉露やかぶせ茶などの日陰のお茶と比較して、日陰のない茶葉をより具体的に指すこともできます。
    トップ10ベストセラー煎茶2021を参照してください
  37. 白鉱石 –白折れ–白鉱石は茎茶の別名です
    高級煎茶、かぶせ茶、玉露から作られた茎茶は、しばしばカリガネと呼ばれます。
    白鉱、カリガネ、茎茶をすべて買う
  38. 煎茶 –新茶–新茶、文字通り新しいお茶は、新しい収穫のお茶または季節の最初のフラッシュのお茶に使用される用語です。 一部の生産者は、収穫後最初の1〜3か月でお茶を「新茶」として販売しますが、他の生産者(特に大企業)は、若い葉の追加プレミアム/早期収穫のみを「新茶」として販売します。 後者のバージョンは、「新茶」が特定の種類のお茶であるという混乱をしばしば引き起こしました。 しかし、どんな種類のお茶でも、収穫後の最初の数ヶ月で「新茶」と呼ばれることがあります。
    シンチャを買う
  39. 玉緑茶 –玉緑茶–玉緑茶は、文字通り「ボールグリーンティー」で、煎茶の一種です。 標準の煎茶と同じ工程で作られていますが、葉を針のような形にするファインローリングと呼ばれる最後のステップをスキップします。 転がした後、回転する鍋で葉を乾燥させ、その結果、葉はわずかにカールします。 玉緑茶は、パン焼きが一般的だった南日本(九州地方)でよく作られています。
    玉緑茶を全部買う
  40. てもみちゃ –手揉み茶–手巻きされたお茶。
  41. 碾茶 –碾茶–碾茶は玉露と同じように作られ、葉を覆い、日光を遮ります。 葉は少なくとも20日は日陰になり(長さは農家や地域によって異なる場合があります)、玉露とは異なり、圧延プロセスをスキップするため、葉は平らなままです。 碾茶は抹茶を作るのに使われるお茶です。
    碾茶を全部買う
  42. とうばんちゃ –糖番茶–ほとんどの日本の緑茶は、加工して乾燥する前に蒸すか、鍋で焼くかのどちらかです。 とうばんちゃは、茶葉に含まれる多糖類の量を増やすために、このステップをスキップしてすぐに丸め、同時に乾燥させます。
  43. 土佐番茶 –土佐番茶–高知県土佐市の番茶の一種。
    土佐番茶を買う
  44. ウスチャ –薄茶–ウスチャとは、非常に薄くした抹茶のことです。 茶道では、茶杓一杯の抹茶をお湯の入った茶碗に入れて、明るい薄緑色にしたうすちゃ。 一般的に、usuchaはカジュアルな設定に使用されます。 70以上の茶道の学校ごとにルールが異なりますが、これは学校によって異なる場合があります。
  45. わこうちゃ –和紅茶–日本の紅茶、より具体的には日本製の紅茶の用語。 これらの和光茶は、もともと緑茶を作るための茶樹を使用することが多いため、他の輸入紅茶とは味や香りが異なります。
    すべての和光茶または日本の紅茶を買う
お茶情報

2コメント

萌え

萌え

こんにちはダイアン、あなたはここでヤンシーレバーのお茶を見つけることができます:https://yunomi.life/ collections / yancha
で「ヤンチャ」または「ヤンシーレバー」を検索することもできます Yunomi Webサイト。 それでも彼のお茶を見つけるのが難しい場合は、お知らせください。

ダイアン

ダイアン

オトヨでヤンシーレバーで育てたお茶を探していますか?

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます