地域の日本のオノマトペ茶
0コメント

雲は白くて ふわふわ (日本語: ふわふわ) 今日。   

fuwafuwa-岸田文雄

 

ビーチの砂は とてもスムーズ(日本語: サラサラ) 風と私たちの足跡が美しい痕跡を作ったこと。  

サラサラ-岸田文雄


日本の発酵大豆納豆は、 ぬるぬる(日本語: ぬるぬる) 一部の人々が不快に感じるテクスチャ。 

納豆自然さんによる写真 自然さん(写真-AC)

 

日本語を少し知っているか、日本に行ったことがあるなら、私たちの楽しいオノマトペに出会ったことがあるかもしれません。 この投稿の目的のために、私はもちろん、私たちの言語でのオノマトペの広範なリストには立ち入りません。 しかし、オノマトペという名前の日本茶があることをご存知ですか? これらのユニークなお茶の紹介です!

 

バタバタチャ

今日触れる15つのお茶の中でおそらく最もよく知られているのは、XNUMX世紀の朝日町ビルダンの町に由来する地域の伝統的な番茶です。 富山県。 茹でて作った後発酵茶で、中国のプーアル茶を思わせるかもしれません。 しかし、それは伝統的にそれがほんの少しの塩で泡立てられて泡立てられて飲まれたという点で独特です。 そのルーツは朝日町ビルダンにありますが、歴史的には隣接する都道府県でも楽しんでいます。 ニイグター県 糸魚川地方で。 なぜ「ばたばた」なのか? 日本語で「ばたばた」とは、騒ぎと慌ただしさを捉えたオノマトペです。 副詞として使用される場合、それは羽ばたき(例えば、鳥の羽)、ガタガタまたはガタガタという音を意味します。 特にお茶は、この独特な地域のお茶を泡だて器で泡立てる音を捉えています。

 

バタバタチャの葉; フリュー番茶ショップ バタバタチャ 富山県朝日町出身。 写真提供 フリュー

 

歴史的ルーツ 

このお茶の最も初期の既知の歴史的記録は、1472年の訪問から来ています 蓮如、浄土真宗宗派の第8代僧侶。 蓮如は、地元の人々がこのお茶をご飯とアルコールと組み合わせて、食べたり飲んだりする単一の料理にしたと述べました。 お茶はこの日付よりも早く消費されたと言う人もいます。正確なルーツは不明ですが、その過程は中国から来たと言われています。  

残念ながら、茶の生産である朝日町ビルダンは1970年代までに消滅し、人々は福井県美浜村の茶農家清水英夫からバタバタチャを購入しました。 1975年、老朽化し​​た清水さんが生産を停止することを決定し、富山県小杉村の萩原明信がお茶の生産を引き継いでその過程を学びました。 その後、1980年代に朝日町ビルダンの人々は、この貴重な伝統を守るために萩原さんからバタバタチャの作り方を学ぶことを決意しました。 これらの取り組みにより、1990年代に村に茶畑が設立されました。 香川大学の宮川金次郎教授の協力を得て、村は茶の茂みと葉の加工の品質を改善し、現在、生産は地元の商工会議所が主導するコミュニティプロジェクトになっています。 かなりきちんとした話!

 

今日の朝日町ビルダンでバタバタチャを作る過程

  1. バタバタチャの収穫は、通常、XNUMX月下旬にヤブキタ品種から行われます。 茶葉は枝の上部と一緒に収穫されます。 
  2. その後、葉と若い枝は村のバタバタチャ工場に運ばれ、大まかに切り刻まれます。 
  3. 蒸し工程は酵素の酸化機能を停止します(*このステップでは、お茶をウーロン茶や紅茶ではなく、緑茶として分類できることに注意してください)。 
  4. 熱が放散され、太い枝が取り除かれます。
  5. 茶葉をざっくりとこすり、「むろ」と呼ばれる大きな収納箱の中にある布の上に重ねます。 
  6. 茶葉は摂氏60度(140°F; *)に維持されますこれはとても重要です!)、均一な発酵を可能にし、葉の損傷を避けるために、2〜3日の期間にわたって。 温度を60度に保つこのプロセスは、合計で約40日間維持され、スキルとハードワークが必要です。 発酵工程自体の熱で温度が維持され、中央部の温度が高くなります。 高温を避けるために、葉は別の「ムロ」に移動するか、パイルを再編成します。 このステップは、茶葉が十分に柔らかくなり、温度の上昇が止まったときに完了します。 
  7. 2月の初めに、茶葉は最終的に屋内/日陰で最初に乾燥させ、次に天日乾燥(3〜XNUMX日)して酸化プロセスを完全に停止する準備が整います。 

この大変な努力と、夏の暑い時期にバタバタチャが発酵することを考えると、この地域の民俗茶をさらに楽しんでいただければ幸いです。 ウェブサイトは日本語ですが、 朝日町のウェブページはとても素敵です バタバタチャを作っている村の人々のスナップショットをキャプチャします。

 

ビルダンのバタバタチャの茶文化

朝日町ビルダンの歴史的記録によると、お茶は強化された飲み物でした 「きずな」 (日本語の文字:絆;定義: 人と人との絆/つながり)。 おそらく、この側面はこの村の人々に特に強かったのでしょう。 お茶は懇親会や文脈で消費されたので、これは自然な傾向でした。 たとえば、家族の大多数が仕事や学校に出かけた後、村のおばあちゃんが集まってバタバタチャを楽しんでいました。 バタバタチャはまた、さまざまな仏教や儀式で提供され、楽しんだ。 結婚、出産、葬式、卒業、就職、成人式など、リストは続きます…そうです、ビルダンの人々の間では、チャノマ文化が非常に顕著でした。 この意味で、お茶は意図的に特定の機会をマークするという点で儀式的でカジュアルなものでしたが、陽気でフレンドリーな雰囲気の中で近親者や家族の間でも共有されました。 

 

バタバタチャのユニークな側面

伝統的に、バタバタチャは特別なボウルと泡立て器を必要とします。 朝日町ビルダンで生まれた陶器は ゴロハチチャワン(日本語: 五郎八茶碗) このボウルの口は少し狭いです。 泡立て器には、地元のバタバタチャ(富山県と新潟県)を泡立てるために特別に作られた伝統的な結合竹泡立て器があります。 日本語では「メオトチャセン」、文字通り「夫婦茶泡立て器」と呼ばれています。 もちろん、この特定の泡立て器やボウルなしで即興で、それでもバタバタチャの味を楽しむことができます! 実際、地元の人々も毎日の食事で泡立てていないバタバタチャを飲みました。 個人的には、アフタヌーンティーとしてはかなりいいと思います。素朴な雰囲気がアウトドアを引き立てるハイキング旅行に何度か持ってきました。 

バタバタチャ泡立て器(メオトチャセン)

世界 メオトチャセン (夫と妻の泡立て器)で利用可能 Yunomi このユニークな泡立て器を利用したいバタバタチャファンのために。 この泡立て器は、新婚夫婦へのバタバタチャと一緒に素晴らしい贈り物としても役立つ可能性があります。 写真提供 清光園.  

 

ボテボテカ

バタバタチャと比べるとあまり知られていない、 ボテボテカ 現在の出雲発祥 島根県都松江市。 ボテボテカは、XNUMX月頃に収穫された茶葉と枝から作られ、日陰で約XNUMXヶ月間乾燥されます(このタイプの番茶は次のように呼ばれます: 日影番茶)そしてドライティーフラワーと混ぜます。 バタバタチャのように、このお茶を作る伝統的な方法は泡立て器を含みます。 お茶を作るために、番茶茶葉と乾燥茶花を一緒に茹でます。 その後、お茶は少し冷やされ、ボウルに注がれます。 次に、ボウルを左から右に振って、塩を浸した長い竹の泡立て器で泡立てます。 お茶の花には含まれていると言われています サポニン、大量の泡を作るのに役立ちます。 確かに、botebotechaは白い泡状の飲み物のように見えます! 

 

ボテボテカそれなのに 伝統的な食材をすべて集めるのは難しいかもしれませんが、いつでも食材を即興で作って、家でボテボテカを楽しむことができます。 で Yunomi、 我々は持っています お茶の三光園のボテボテカ、島根県、日本で購入可能。 による写真 チームナ

 

 

ボテボテカについておそらく興味深いのは、それが のような快適な食べ物 お茶漬け、そして伝統的に地元や季節の食材と一緒に消費されます。 世帯によって異なりますが、一般的な材料には、ご飯のごく一部、黒豆(または小豆入りご飯、 赤飯)、季節の漬物(漬物)、しいたけ、豆腐の皮。 お茶を泡立てたら、これらの材料を加えて楽しむのです。 ボテボテカを食べる正しい方法は、ボウルの底を軽くたたいて材料が片側に集まってから、お茶と一緒に(つまり、箸を使わずに)口に入れることです! バタバタチャとのもう一つの類似点は、オノマトペ「ボテボテ」が激しく泡立てる音を指すことです。 ぼてぼては、出雲の地元の人たちがお茶を淹れるときに聞いた音でした。  

伝説によると、有名な茶人で大名の領主 松平治郷 (1751-1818、彼のお茶の名前はふまいで知られています)彼がホーキング(すなわち、狩猟)に行ったとき、これをおやつとして作りました 調整された鷹狩りの鳥と)。 あるいは、飢饉に苦しんでいる人々と、このボテボテカの食べ方を、食餌を増やす方法として共有したと言われており、松江市でボテボテカが広まった。

*島根県からのこの地域のお茶のInstagramの追加のきちんとした写真: #ボボテチャ 

 

沖縄の郷土茶「ぶくぶくちゃ」

最後に、沖縄のナハ地方にルーツを持つ伝統茶「ぶくぶくちゃ」で締めくくりたいと思います。 王家の妻たちによって開発され、明治時代(1868年〜1912年)に庶民の間で広まりました。 伝統的に、ブクブクチャは儀式的な方法で作られました。 茶の湯 (お茶会)結婚式などのお祝いの集まりやゲストの歓迎に。 福福茶は幸運を意味する漢字「福」で書くこともできるので (日本語: 福福茶または福々茶)、それは幸福のお茶であることを目的としています。 

 

せせらぎの小川が心地よい バーブリング(日本語: ぶくぶく) 音。 

ブクブクオノマトペ-岸田文雄

 

おそらく、ブクブクオノマトペから推測できますが、ブクブクチャは、泡立てられるもうXNUMXつのお茶です。 ベースがジャスミン茶であるという点でユニークです。 サンピンチャ 沖縄で。 このユニークさを増すために、ぶくぶくちゃは実際には茹でた米の水をベースにして作られています。 米は茹でられ(米と水の比率は1:10)、この特定の水 次に、サンピンチャとバンチャ(または玄米茶)と1:5:2の比率で混合されます。 次のステップは、大きな泡だて器でお茶を泡立てることです。 興味深いことに、那覇や沖縄南部のミネラル含有量の高い硬水だけが、混合物を適切に泡立たせます。 ああ、私は個人的にこれらのお茶をオノマトペ茶と呼んでいますが、おそらく、これらのお茶を分類するためのより適切でお茶を巧みに使う方法は、それらをフリチャと呼ぶことでしょう(日本語: 振り茶)、ホイップティーを意味します。 

ブクブクチャの準備に戻り、大きなボウルにクリーミーな泡ができたら、小さなボウルにお茶を注ぎ、その上に砕いたピーナッツを加えます。 そういう意味では、大きなお椀で作った泡を共有しているので、お茶を共有している人たちと一体感と一体感が生まれます。 ブクブクチャには、沖縄の有名なビスケットと呼ばれるビスケットが添えられるのが一般的です。 ちんすこう。 ブクブクチャの作り方は似ていると言われています てまえ (茶道のステップ)より一般的な茶の湯の。 今日お話しした前のXNUMXつのお茶とは異なり、ブクブクチャはかなり泡立っています。 ですから、このお茶に不慣れな人にとっては、消費するのは難しいかもしれません。 お茶を飲む前に、実際に最初に泡を「食べる」必要があります。 

 

ぶくぶくちゃ-板根さん沖縄ちんすこうビスケットとブクブクチャのボウル。 写真提供 Itanee(写真-AC)

 

特に戦後、沖縄からブクブクチャは姿を消し、40年以上も文化から切り離されてきたようです。 しかし、幸いなことに、戦後、ぶくぶくちゃを作るための重要なボウルなど、ぶくぶくちゃの儀式の道具が見つかり、道具、水、お茶や米などの材料の研究が広まりました。 ブクブク茶保存協会の設立に伴い、泡立ちが再び促進されました。 これらの保存努力のおかげで、沖縄県でもブクブクチャを楽しむことができます! そこの美しい自然を楽しむ機会はありましたが、残念ながらこの伝統的なお茶を試したことはありません。 だから、沖縄のカフェでブクブクチャを試してみると…それが私のバケツリストに載るでしょう!

* Instagramで追加のブクブクチャの写真をチェックすると、ブクブクチャと暖かい沖縄の文化をよりよく感じることができます。 #ブクブクチャ 

 

なぜお茶を泡立てるのですか? 

オノマトペ茶/フリチャスに関する今日の投稿を締めくくるために、なぜ国のさまざまな地域で泡立て器を使ってお茶を泡立てる伝統があるように思われたのか疑問に思いましたか? 

私は最近これをから学びました フリュー番茶ショップ しかし、一つの説明は、私たちの先祖が日本語の単語に一種の神性を感じたということです。たつ」。 日本語では、動詞「たつ」とは、立ち上がる、立ち上がることを意味します。 虹の形を描くなど(日本語: 「虹がする」; にじがたつ )そして霧が上がる(日本語: 「霧が立つ」; きりがたつ).

これらの自然現象に加えて、「あわがたつ」(日本語: '泡が泡立つことを指します。 そして、それはまた、植物薬の精神が現れたときの祈りでもありました。 また、お茶のお湯が沸騰し始めたり、鍋が沸騰し始めたりすると、泡が出始めるのを見て、ある種の永遠の活力が生まれるのを感じました。 そしてこのため、お茶の泡立て器によって形成された泡がお茶の薬効を強化することが望まれました。 これは古代日本の伝統的な習慣のXNUMXつにすぎませんでした。 

さて、今日のブログ投稿があなたに焦点を当てた日本語が多すぎないことを願っています。 でも、次に番茶/抹茶を泡だて器で泡立てたり、番茶の鍋に泡が出始めたら、 私たちの先祖の信念を覚えて、良い薬がやってくるのを感じてください。 うーん、お楽しみください! 



おすすめ画像: ぶくぶくちゃ Itanee(写真-AC)。 すべて 他の このブログ投稿の画像は、特に明記されていない限り、作者によって提供されたものです。 

 

 

 

バタバタチャボテボテカちゃのまフリチャ岸田文雄オノマトペ地域番茶お茶の泡立て器伝統

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます