和束茶園-岸田萌
0コメント

ご挨拶! の美しい茶畑でくつろぐカマキリを見つけられますか 和束? はい、今日は京都府の主要なお茶の産地のいくつかに戻ってハイライトし、和束に光を当てます、県の南端にある心温まる街。

 

他の地域の記事を見る

 

壮大な茶畑の風景 

素敵な和束町を初めて訪れたのは、2019年の夏(COVID以前)で、国際ボランティアワークキャンプに参加しました。 日本の非営利団体であるNICEを通じて、茶農業、有機農業、日本文化について学びました。 日本の田舎の風景は、山岳風景、田んぼ、伝統的な住居の自然の美しさで知られています。 しかし、私にとっては、瓦屋根の村に埋め込まれた茶畑の壮大で芸術的な風景に、これほど畏敬の念を抱いたのは初めてでした。 その後、和束の茶農家から、鎌倉時代に日本の緑茶が生まれたのと並行して、800年以上にわたってこの地域のお茶の生産が進んでいることを知りました。 (1199-1334)。 人間の目にはとても美しく見える理由のひとつは、和束の茶の茂みが一年に何度も刈り込まれ、手入れされているからかもしれません(全国の他の多くの茶園よりも多いです!)。 このように茶畑を配置することで、茶農家は茶樹を丁寧に効率よく栽培し、茶の茂みの日照量を最適化することができます。 また、日本で最高級のお茶を生産することでよく知られている周辺地域(宇治、宇治田原など)と同様に、和束は、お茶の気候、湿度、霧、温度範囲に関して地理的に有利な場所にあります。 2015年、和束は日本遺産に登録されました。 なぜなら カメリア シネンシス  常緑樹で、一年中壮大な景色が想像できます!

 

和束で最も有名な茶畑、いしでら茶畑。 この象徴的なビューは、さまざまなお茶製品に利用されています。 春には、これらの美しい茶畑のすぐそばで桜の列を楽しむことができます。

 

原山; すべてが始まった円形の茶畑

和束町では、文字通りどこにでも茶畑があります。 和束茶農家の努力に感謝します かいこん (開墾;農地のためのスペースを作るために森林を伐採するプロセス)非常に急な地域でさえ。 茶畑を手伝うことがあれば、急な丘を登り、ヘアピンターンの周りで、農場のトラックの後ろにある茶畑に乗ることは、非常に印象的で冒険的です。 和束のユニークな茶畑のひとつが原山(日本語: 原山の茶畑) これは「エンケイちゃばたけ」または円形の茶畑。 実際、このフィールドの対称的な美しさ、自然と人間の手の優雅なダンスに魅了されないようにすることは困難です。 原山は和束町で最初に茶の木が植えられた場所とも言われています。 お茶の種はどこから来たのですか? 日本の茶園の創始者である明恵少年の海住山寺の僧侶、自心に贈られました(この地域のお茶の歴史を少し振り返りたい方は、上の投稿をご覧ください)。 宇治 及び 宇治田原)。 自然に囲まれているので、ハイキングコースとしても楽しめます。 街中でレンタルできる電動自転車もあり、大ファンではありませんが、乗り心地が良かったことは認めざるを得ません。 つまり、電動自転車が上り坂を助けるので、それほど苦しむ必要はありません!

 時々、原山の茶畑の対称的な美しさは催眠状態になります。 写真提供:岸田茂。 

 

今日の和束茶 

現在、和束は日本のお茶の約2%しか生産していません(お茶全体の約45%は京都府で生産されています)。 しかしながら、 和束茶 (和束茶)は、うま味が豊かな高品質のお茶として定評があります。 伝統的に、このエリアは非常によく知られていました 煎茶 (で開発されました 宇治田原、和束の北西約10kmの町)、したがって、以前は茶農家は 煎茶。 しかし、約15年前、和束茶農家の多くも生産を始めました 碾茶 和束町では抹茶の生産がほとんどなかった時期。 例えば、 上島茶園の個人所有の碾茶工場は、かなり最近の2016年に設立されました。 今日、彼のお茶の生産は30%で構成されています 煎茶 の70% 碾茶/抹茶。 これは、日本だけでなく和束町の茶農業の状況を反映しています。 つまり、需要の増加 抹茶.

和束町は全国的にはお茶の生産量が少ないかもしれませんが(静岡県や鹿児島県などの主要なお茶の産地と比較して)、京都府内の茶畑の数ではXNUMX位です。茶農家の世帯と生産される茶の量。 

 

表1。 荒茶 京都府のお茶の種類別生産量(単位:トン)。 2013年京都府茶業から得られた統計。 

表2.京都府のお茶のランキング。 2013年京都府茶業から得られた統計。  

 

和束茶カフェ

この素敵な小さなカフェは間違いなく和束茶の最大のセレクションを熟読するために行く場所です! 上島家 上島茶園 このカフェを経営している家族の一人です。 上島さんへのインタビューで、和束茶カフェの歴史を聞いて感謝しました。 

上島さん: 「昨年はパンデミックの影響で和束茶カフェとしては例外的な年でしたが、今では約40万人の利益を上げることができます。 (約$ 3700.00)売上高。 これは、このカフェの創設メンバー100人がこの場所を始めた当初とはまったく対照的です。 何も売らなかった日もありました。 レジの引き出しは、少しの「音」を鳴らしたり、動かしたりしません。 XNUMXを買う必要がある時がありました レジが錆びないように自分で飲んでください…実は、この憂鬱な時期は約3〜4年続きました。 そして、実際に顧客がいれば大丈夫だったでしょうが、最初の数年間、他の農家は実際に私たちをからかっていました。 彼らは非常に疑わしく、疑問に思いました。誰がそんな場所にお茶を買いに来るのでしょうか。」6年目頃から物事が持ち直し始め、10年目から本格的に販売を開始しました。 それは私たちの社会に変化があったからです。 地域づくり活動や文化振興には、茶畑の観光やお茶の飲み方などが始まりました。 そしてソーシャルメディアやマーケティングを通じて、人々は和束の外からやって来ました。 そして、観光バスの助けもありました。 の社長がいます 京阪 京都茶道を担当するバスで、京都南部を通る路線の整備をお願いしました…」

 

和束茶カフェでのお茶のセレクション。 座ってお茶を楽しむ場所もあり、デザートもあります! 写真提供:和塚茶カフェ。 

 

心温まる街、心温まる人々

和束から受け継いだ強い印象のひとつは、故郷を大切にし、土地や人々に深く根ざした茶文化を共有することを心がけているこの町の茶農家や人々の優しさだったのかもしれません。 訪問する機会があれば、日本語が話せなくても地元の人と交流することをお勧めします。 それをするのに良い場所は、毎年恒例の間に訪れるワズカチャカフェかもしれません 茶源峡茶まつり (注意事項: 日本語のサイト)、またはこの地域の方言を聞くことができると思われる地元の浴場に行ってみてください!

 

京都府和束町の西山家との秋のお茶の収穫(上の写真)。 西山さんの遊び場には、お茶の農家や友達、お茶の手伝いをするボランティアが集まることが多いです。 お好み焼き (日本人 風味豊かな パンケーキ、下の写真)。 お茶の栽培に加えて、西山さんはお好み焼きを作ることに関しても非常に熟練しています! ジミー・バーリッジによる写真。 

 

Yunomi和束茶農家との絆

もちろん、和束を訪れて和束茶カフェでお茶を買うのに最適な時期ではないかもしれません。 良いニュースは Yunomi これらの勤勉で心温まるお茶農家からのお茶のかなりの選択があります: 

  • 上島茶園:  和束と日本のお茶の世界で最も有名な茶農家のXNUMXつ。 上島さんはお客様に喜ばれるお茶作りに細心の注意を払っており、「ちゃのま」(お茶を作って他の人に提供する時間と空間)、そして彼のお茶があなたの心を癒すと約束します! これらのポイントはすべてで詳しく説明されています 上島さんへの最近のインタビュー だから彼のユーモラスでインスピレーションあふれるストーリーをチェックすることを忘れないでください!
  • 京都大府茶園:  おぶぶじゃなかったら、たぶん、 Yunomi 今日は存在しないでしょう! Obubuのユニークな側面のXNUMXつは、彼らが提供するインターンシップとトレーニングコースにあります。 日本でお茶の栽培やお茶の知識を体験したいなら、おぶぶはあなたが探しているものを提供できるかもしれない場所の一つです。 彼らのウェブサイトも英語に優しいです そしてしばしばユーモラスです。 実際、楽しむことさえできます 彼らのヤギからのブログ投稿
  • きろく茶園和束にあるもう一つの茶園、キロクは、夫/父が亡くなった後も茶畑を続けたいと願った100人の刺激的な女性によって運営されています。 彼らは、XNUMX%シングルオリジンのお茶は、時にはハードなお茶の仕事にソフトなバランスを提供する猫によって助けられていると言います。 近日中に、姉妹の一人であるめぐみさんへの最近のインタビューをお伝えします。

写真提供:キロクティーガーデン。

 

  • 中井茶園: 中井家は17世紀から和束町でお茶を栽培してきました。 1980年、6代目茶師の中井正夫が有機栽培と非農薬栽培を始めました。当時、日本では有機農業に関心を持つ人はほとんどいませんでした。 現在、息子の中井道夫は、高品質のオーガニックティーを誇らしげに生産し続けています。
  • あずま茶園:  抹茶好きなら、あずま茶園はおなじみの名前かもしれません。 で Yunomi 秋には、東さんの10品種抹茶サンプラーをお届けできることに興奮しました。 あっという間に売り切れましたが、抹茶などをお楽しみいただけます。

 

京都南部の山々にひっそりと佇む隠れたお茶の町、和束について少し学んでいただければ幸いです。 和束茶に乾杯! 

 

フィーチャー画像クレジット: カマキリの茶畑での入浴。 和束、日本; 写真提供 岸田萌。

日本の50の主要なお茶の産地京都府抹茶岸田文雄煎茶ティートピアテンチ上島茶園和束

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます