日本の50の主要な茶生産地域-進化するプロジェクト
2コメント

みなさん、夏至の幸せを! 楽しんでいただければ幸いです 煎茶 (すなわち、新しい収穫茶または季節の最初のフラッシュ茶)私たちと同じくらい。

At Yunomi、私たちは日本のすべてのお茶の産地と小地域をリストアップし、調査するための刺激的で野心的なプロジェクトに着手しました 50の主要分野。 静岡県と鹿児島県の上位70県が日本で生産されるお茶のXNUMX%以上を占めていますが、日本の地理的多様性は、高品質で地域固有のお茶を生産する十分な機会を提供します。 事実、大阪と北海道の最北端の県、山形を除いて、他のすべての県は商業的にお茶を生産しています。

 

地域ごとにお茶を買う

 

茶産地指数

 

お茶、 Camellia sinensis、 は、氷点下の温度に耐性のない亜熱帯植物です。 日本のお茶の産地の大部分が最南端の島、九州にあるのはこのためです。 議論の余地はあるものの、新潟県村上市(新潟県村上市)と茨城県大子町(茨城県大子町)の間には、「商業」茶生産の北限線が引かれているようです。 おもしろいことに、茶の茂みはお茶には使われていませんが、北海道南部(最北端の島)でも見られます。 

 

私たちの仕事に戻ると、その場所を主要なお茶の産地として認めるものは何ですか? それは、生産されるお茶の量、お茶の栽培に専念する地域、生産されるお茶の価値、または生産される高品質のお茶の量ですか? 地理的な場所と次のような環境特性に基づいて、多くのユニークなお茶の産地と種類を分類できますか。 気候、土壌の種類、降雨量、昼と夜の気温差は? また、特定の地域の独特の歴史と伝統、そこで生産されるお茶の希少性、またはこれらの要因の組み合わせを考慮することもできます。 これは進化する質問であり、私たち自身には完全な答えはありません。

 

このプロセスには意味があると信じており、この質問を検討することで、日本中の高品質で特製のお茶の多様性に光を当てることができます。 ほとんどのお茶愛好家は、次のような主なタイプに精通していますが 煎茶, 玉露 及び かぶせ茶、誰もが地域のテロワールを評価するわけではありません 玉露 八女とは違う宇治から。 そこで、まずは日本で最も有名なお茶の産地(鹿児島、静岡、京都、埼玉など)に焦点を当て、どの種類のお茶を生産するか、特に尊敬されているお茶の種類に焦点を当てた一連のブログ投稿を開始します。お茶が生産されます。 その過程で、いくつかの地域の特産品を紹介し、環境と歴史がどのように踊って、本当に素晴らしいお茶とユニークなお茶の伝統を生み出すかを検討します。 

 

これらのブログシリーズでは、南から北に移動する、主要なお茶の産地と特定の地域のいくつかに触れます。 

  • 鹿児島 -大隅(志布志地域を含む)と薩摩半島、屋久島、種子島。
  • 京都 -木津川沿い(山城地区): 宇治, 宇治田原, 和束 
  • 三重-  イアン、ワタリ、四日市、鈴鹿、亀山
  • 静岡 --IanChunはこれについて 日本茶愛好家のFacebookページ 一ヶ月かそこら前。 広大ではありませんが、沼津、富士、本山、清水、川根、牧之原、藤枝、菊川、掛川、東山、天竜などのお茶の産地があります。 静岡のお気に入りはありますか? 
  • 比企吉見 -イルマ、所沢、狭山

 

次に、いくつかの地理的地域に焦点を当て(つまり、すでに触れた都道府県を省略します)、各地域の有名なお茶、歴史、およびユニークな事実に焦点を当てます。

注意: お茶の産地の後に県名を括弧で囲んでいます。 


何も決まっていないので、この冒険的なお茶の遠征に一緒に着手する際に、コメント、質問、洞察をいただければ幸いです。 次回まで、 ボンテ!

 

*Bonthé!、bon appetiteのように、おいしいお茶をお祈りする私の個人的な方法です。 

日本の50の主要なお茶の産地岸田文雄

2コメント

萌え

萌え

こんにちはケン、
ご連絡をお待ちしております。 岐阜で飲んだお茶は白川茶だったのかな、その辺りには上質で珍しいお茶があります。
はい、「その他のエリア」で岐阜のお茶を紹介するつもりでしたが、もうすぐ来るかも!

ケン・キャンベル

ケン・キャンベル

このプロジェクトをありがとう…..岐阜のお茶についてもう少し情報をいただけませんか。 2018年に高山にいたとき、地元の煎茶を味わいました。複雑ではないにしても、かなり美味しい煎茶です。

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます