チャバナ-茶樹の花
0コメント

今日はお茶の花についてお話しましょう! つまり、日本の茶道でアレンジできる一般的な季節の茶花ではなく、実際に茶樹に咲く茶花です。 Cアメリアシネンシス

 

春は 新茶(新茶)、茶花は実際には年の終わりに咲きます— XNUMX月からXNUMX月下旬まで、植物が種子を生産して冬眠に入る直前です。 確かに、この時期は茶花、またはティーフラワータイムと呼ばれることもあります。 この季節の言葉は、この冬の前の季節の本質の一部を捉えているため、次のような多くの俳人によって利用されています。 正岡子規。 そしてもちろん、日本の茶道の季節の花飾りとして私たちにふさわしいです(生け花).

 あずま茶園
京都府和束町の茶畑とお茶の花の美しい秋の光景。 写真提供 あずま茶園。 これらの謙虚な 花はある種の懐かしい気持ちを与えてくれます…言葉がなければ、お茶の花はあなたにどんな感情や感情を伝えますか? 

 

お茶の花を知る

世界 カメリウスセニシス の植物です ツバキ科 (ツバキ、日本語)、ツバキ科なので、花は白椿に似ています。 対照的に、 カメリウスセニシス かなり小さく、葉の後ろに隠れるように適度に咲きます。 つぼみはかわいくてふっくらしていて、小さな丸いボールに似ています。 花は透明になるまで薄く見える白い花びらと黄色い雌しべと雄しべのクラスターを持っています( 日本語)中央に王冠のように広がります。 これらの花は、4つのがく片で直径5cmまで成長し、9〜XNUMX枚の花びらを持つことができます。 花は雌雄同体(雄と雌の両方の器官を持っています)であり、ミツバチによって受粉されます。

咲く茶花のクローズアップ咲く茶の花のクローズアップ。 アリを見つけられますか? ジミー・バーリッジによる写真。

 

XNUMX秋前、私は幸運にも 京都府和束 開花期。 お茶の花はとてもデリケートで、謙虚でエレガントな存在感をとても楽しんでいました(私にとって、これは日本の美しさです!)特に朝露で… 

香り? 花の香りはやや優しくて微妙だと思いますが、石鹸に少し似ていると言う人もいます(石鹸にはいろいろな種類があるので、あまりよくないかもしれません!)。 これは最近言及されました オノマトペ日本茶の記事 私が書いたのですが、お茶の花には化学成分があります サポニン (具体的にはフローラテアサポニン)発泡性を有する。 うーん、これはその石鹸の匂いとの関係でしょうか?

 茶花-岸田文雄京都府和束町の朝露とお茶の花。 

 

この素敵な茶花について注意すべきXNUMXつの側面は、茶農家にとって、これらの花は彼らの親友ではないかもしれないということです。 秋と冬は、翌年の良い葉に備えるために、茶の茂みが栄養分を蓄える重要な時期です。 そうは言っても、花、そして種子が栄養の大部分を受け取っている場合、これは良いお茶を作るための茶葉には良くありません。 これが実際、茶農家が開花する前に実際に芽を摘む理由です。 したがって、開花期にお茶の花に出くわすのはよくあることだと思うかもしれませんが、お茶の花に出会うのはほんの数個だけかもしれません。 このようにして、春の新鮮な成長のためにより多くの栄養素が利用可能になります!

 

あずま茶園-ポケットティーフラワー一部の茶農家 ポケットティーフラワーでお茶の仕事を明るくしてくれてありがとう! 写真提供 あずま茶園

 

お茶の種について少し

茶花はミツバチによって受粉され、受粉されると、植物は小さな果実に囲まれた種子も生成します。 茶の種は寿命が短いため、時間の経過とともに発芽しにくくなります。 茶園では、種を集めて植えることはできませんが、そのままにしておくことができます。 茶花は自家受粉する傾向がありませんが、花を訪れる蜂やさまざまな昆虫のおかげで、他の植物の花と自然に交配します。 

自然に交配した種子から生産された新しい茶樹は、親の木の正確な特性を継承することはめったにありません。 人間などの動物が示すのと同じ遺伝子組換えのために、種子から育てられた植物は、親からの特徴の組み合わせを示します。 (NS、 ザライ)。 そのような種子から成長する植物は、成長、風味、品質の点で、個人ごとにかなり異なります。 このような植物はザイライ茶樹と呼ばれています。 

かつては、有名な僧侶であるエーザイのように、種が運ばれ、植えられ、成長させられていました。 しかし、今では栄養繁殖がはるかに一般的です。つまり、親植物から小さな枝を切り取り、小さな鉢に根を張らせてから、根がほとんどなくなった枝を畑に植え替えます。 このように、挿し木から育てられた新しい植物は親植物と同一であり、特定の栽培品種の品質と特性は一定に保たれます。


茶農家の中井さん和束茶農家の中井さんが親工場の小さな枝の挿し木を手伝っています。 実は、この特別な日にプレゼントされました! 

 

お茶を飲む花茶

繊細な踊りや、栄養豊富な茶葉と茶花の対立さえあるように見えますが、茶花は食用であり、なめらかで甘みのある、おいしくてリラックスできる醸造物になります。 花は茶葉に比べてカフェインが少ないです。 さらに、プーアル茶と同様に、茶花は熟成が進み、より豊かで豊かな味わいになります。 日本では、お茶の花は主に furichas (すなわち、ホイップティー)または茶葉とブレンド(詳細をご覧ください furichas 詳細を見る)。 興味があれば、これらのお茶の花のお茶を試してみてください! ホリデーシーズンの素敵なプレゼントにもなりそうです!  

ふりちゃ(振り茶ホイップティー): 

お茶の花のブレンド: 

水茶茶園

 

注目の画像:茶花の摘み取り/収穫; 写真提供 あずま茶園

カメリアシネンシスフリチャ花言葉岸田文雄お茶の花ザイライ

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます