焼き抹茶とかぼちゃのタルトレシピ
0コメント

ハロウィン…日本の伝統に由来するものではありませんが、XNUMX月には町でハロウィンの飾りがたくさん見られます。

カボチャ(カボチャ、カボチャスカッシュ、カボチャ)はハロウィーンのシンボルのようで、16世紀にポルトガル語から日本に持ち込まれました。 それ以来、料理やデザート作りにさまざまな形で使用されてきました。

今回はハロウィン用にカボチャと抹茶の2種類のタルトを作りました。 これらのタルトは、フィリングにゼラチン、ベースにビスケットを使用した「ノーベイク」スタイルです。

抹茶のグリーンとカボチャのオレンジ…こんなに美しいコントラストカラー!

このレシピでは、ルーズボトムのベーキングケーキ缶を使用しました。 お持ちでない場合は、コンテナをご利用ください。 

歯ごたえのあるベースと、なめらかでクリーミーな具材の食感をお楽しみください!  

 

 

焼き抹茶タルトレシピ

  

成分

16cm / 7inルーズボトムベーキングケーキ缶(または16-21cm / 7 -8.5in丸型缶、20cm x 15cm / 8in x 6inコンテナ)の場合 


ベース用

150g / 6オンスビスケット(任意のビスケット)

90g /3.5オンスバター 


抹茶の詰め物用

粉末ゼラチン大さじ4(12g)

大さじ3(18g)抹茶

300mlミルク

300ml生クリーム(ダブルクリーム)

100g /3.5oz砂糖



連絡先情報について

ベースを作る

1ビスケットを大きくて丈夫なプラスチック製のフードバッグに入れ、麺棒でたたいてつぶします。 バターを溶かし、ビスケットでかき混ぜます。 

2缶または容器の周りにパーチメント紙を置きます。 混合物を缶に押し込み、スプーンで均等に押します。

 

 

抹茶を詰める

1ゼラチンを大さじ4 / 60mlの水に振りかけ、混ぜ合わせて数分間放置します。


2ボウルに砂糖と抹茶を泡だて器でよく混ぜる。 抹茶の塊を作るのを避けるために、混ぜる前に抹茶をふるいにかけるのが良いです。


3鍋で、沸騰する直前までミルクを加熱します。


4ミルクのXNUMX分のXNUMXをボウルに注ぎ、よく混ぜます。 よく混ぜたら、さらにXNUMX分のXNUMXを加えて、もう一度混ぜます。 最後に残りのミルクを加えて混ぜます。 一度に全部入れないでください。抹茶がゴツゴツになることがあります。


5ゼラチン混合物をボウルに加え、溶けるまでかき混ぜます。


6クリームをボウルに入れ、少し厚くなるまでかき混ぜます。 ミキシングボウルを角氷の入った冷水ボウルに入れます。


7ベースに混合物を注ぎます。


8冷やしてから、固まるまで冷蔵庫で2〜3時間冷やします。 缶からタルトを注意深く取り出します。




焼きたてのカボチャのタルトレシピ

成分

16cm / 7inルーズボトムベーキングケーキ缶(または16-21cm / 7 -8.5in丸型缶、20cm x 15cm / 8in x 6inコンテナ)の場合  

 

ベース用

抹茶タルトをご覧ください。



カボチャの詰め物用

360g / 13オンスの肉、皮をむいたカボチャ(甘いカボチャは大きな水っぽいジャックオランタンよりも優れています)

粉末ゼラチン小さじ4(12g)

生クリーム200ml(ダブルクリーム)

150g /5.29オンスの砂糖



連絡先情報について

ベースを作る

抹茶タルトをご覧ください。

 

カボチャの詰め物を作る

フードプロセッサーを使用してブレンドし、ボウルとしても使用します。 お持ちでない場合は、ボウルを使用し、ハンドミキサーでよくかき混ぜてください。


1かぼちゃのピューレを作ります。 カボチャを3cm / 1インチの立方体に切ります。 ラップフィルムで覆い、柔らかくなるまで電子レンジで5〜7分間加熱します。 または柔らかくなるまで5〜7分間蒸します。 それらをフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまでブレンドします。


2ゼラチンを大さじ4 / 60mlの水に振りかけ、混ぜ合わせて数分間放置します。


3鍋に水と砂糖150mlを弱火で溶けるまで熱します。 沸騰しないように注意してください。


4フードプロセッサーで、砂糖水を加えてカボチャのピューレとブレンドし、次にゼラチン混合物を加えてブレンドします。 生クリームを加えて混ぜます。


5ベースに混合物を注ぎます。


6冷やしてから、固まるまで冷蔵庫で2〜3時間冷やし、缶からタルトを注意深く取り出します。

 

お楽しみください!

 

 

 




 

 

 

今日のおすすめ  

和光茶紅茶

タルト入りの和光茶をいかがですか? この紅茶は、これらのクリーミーなタルトと非常によく合います。 

小倉茶園:神奈川県足柄産のやぶきたわこちゃファーストフラッシュ紅茶

 

 

このお茶は、やぶきた品種の茶樹を利用しており、農薬を使用せずに栽培されています。 農家の小倉遊亀は、この紅茶を最初にフラッシュしたダージリンティーのスタイルで製造し、枯れた後、丸めてから軽く酸化します。

 

 

抹茶

Yunomi 抹茶:プレミアム料理グレード抹茶  

ラテグレードまたはカフェグレードとも呼ばれるこの抹茶は、ラテ、チョコレート、アイスクリーム、抹茶ラテ、ケーキ、フロスティング、クッキーなどの焼き菓子の製造に使用することを目的としています。 

  

  • 地域:鹿児島、京都、西尾、三重、静岡から調達しています。
  • 注:使用されているすべての茶葉は農薬なしで栽培されていますが、必ずしもオーガニックとして認定されているわけではありません  
  • 色:くすんだが濃い緑色。
  • テクスチャー:超微細。 (非常に低品位の抹茶はざらざらした味がします。)
  • 香り:弱い
  • フレーバー:強い。 うま味・渋味のバランスが良い。  

 

 

 

 

 

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます