お茶風味のコハクト(琥珀糖、日本の伝統的なキャンディー)レシピ
0コメント

コハクト (琥珀糖)  文字通り琥珀色の砂糖を意味します。 日本の伝統的な飴で、初期から約400年の歴史があります。 江戸時代.  

お茶の時間に最適で、茶道の一部としてよく使われます。

 

 

 

独特の食感です。 外側はカリカリの殻、内側はゼリーのような食感です。 結晶化した砂糖は、外側にカリカリの殻を作ります。 

内側のゼリーの食感は何ですか? これは、 かんてん.  

 

寒天とは?

かんてん 藻類から作られたゼラチン状の物質です。 寒天が頭に浮かぶかもしれません。 はい、 かんてん 寒天に非常に似ています。 しかし、それらは異なる藻類から作られているので、寒天と かんてん さまざまな成分。 それらのテクスチャーと使用方法はわずかに異なります。 ただし、このレシピに寒天を使用することは可能ですが、結果が同じでない場合があります。

 

お茶味のコハクトを作ろう! 

材料はお茶、砂糖、 かんてん。 作るのも簡単です。

作ってみました お茶の味が少ないコハクト、それから選びました ほうじ茶 ほうじ茶がコハクトにいい味を添えていると感じたので、このレシピの抹茶をローストしました。 記事の最後の部分では、抹茶風味のコハクトの作り方も紹介しました。 実はyどんな種類のお茶でも使えます。 してみてください!! 

 

お茶風味のこはくとレシピ 

桜の琥珀糖レシピ

 

    

成分

[20cm x 18cm / 8インチx7インチのコンテナ用]

ほうじ茶 茶葉6g / 6山盛り小さじ    

お湯200ml 

寒天4g / 0.15oz     *1

グラニュー糖300g / 10oz    *2

 

※1寒天は使用可能ですが、結果が異なる場合があります。

※2キャスターシュガーも使用できますが、グラニュー糖を使用すると、なめらかで見栄えが良くなります。 

 

 

連絡先情報について

1お茶を鍋に浸します。 (茶葉5g、お湯200ml、2〜3分)お茶をいつもより強く、苦くするのがこのレシピに適しています。    

2鍋にお茶の液体を注ぎ、中火にかけたストーブの上に置きます。 ふりかける かんてん 液体の上でよく混ぜて溶かします。

 

 

3弱火で1〜2分煮込み、絶えずかき混ぜます。 

4砂糖を鍋に入れ、砂糖が溶けるまで弱火で絶えず混ぜます。 

 

 

5混合物を火から下ろします。

6混合物を容器に注ぎます。 容器を冷蔵庫に入れ、固まるまで1〜2時間冷やします。

 

 

 

7混合物を容器から引き出し、不均一な断片に切ります。 私はそれを引き裂いた。

 

  

 

8ピースを羊皮紙シートに置き、外側に結晶の皮ができるまで、室温で1〜2週間乾燥させます。  

 

 

 

完了!! 

 

 

密閉容器に入れ、常温で約3〜4週間保存できます。

 

抹茶味のコハクトの作り方

1ほうじ茶の葉の代わりに、抹茶を半分スプーンで使います。 200mlのお湯とよく混ぜます。

2指示2-8に従います。 

 

さまざまな切断方法  

鋭利なナイフを使用して、不均一な部分にカットします。 

 

 

 

形にカットするのも楽しいでしょう!

 

 

良いプレゼントになります。

 

 

琥珀を作って食べて楽しんでください!

 

 

今日のおすすめ 

ほうじ茶

はちまんじゅう:オーガニック屋久島ほうじ茶焼き緑茶

ほうじ茶のライトローストタイプなので、甘いローストナッツの風味とやや渋みのある後味があります。 コハクトとの相性も抜群です。 

 

抹茶

Yunomi 抹茶:プレミアム料理グレード抹茶  

ラテグレードまたはカフェグレードとも呼ばれるこの抹茶は、ラテ、チョコレート、アイスクリーム、抹茶ラテ、ケーキ、フロスティング、クッキーなどの焼き菓子の製造に使用することを目的としています。 

  

  • 地域:鹿児島、京都、西尾、三重、静岡から調達しています。
  • 注:使用されているすべての茶葉は農薬なしで栽培されていますが、必ずしもオーガニックとして認定されているわけではありません  
  • 色:くすんだが濃い緑色。
  • テクスチャー:超微細。 (非常に低品位の抹茶はざらざらした味がします。)
  • 香り:弱い
  • フレーバー:強い。 うま味・渋味のバランスが良い。  

 

 

コメントを書く

すべてのコメントは公開される前に管理されます