品種比較(10g×10種類):東茶園ストーンミルド抹茶サンプラー(スタンダードセレモニアルグレード)


価格:
JPY¥10,000

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
売れ切り

製品説明

XNUMX種類の品種の純粋な抹茶緑茶粉末のセット。 お茶の違いは、栽培品種だけでなく、天候、地形、地域、土壌の発達、施肥などを含む農家の栽培技術、および異なる処理と粉砕の結果によっても発生する可能性があります。

ただし、同じ農家の商品を比較することで、このばらつきの一部を排除し、品種の違いをできるだけ正確に味わうことができます。 あずまさんの農園は、完全に垂直統合された事業であり、独自の畑を管理し、最初の碾茶加工、仕上げ、そして最近では独自の石臼粉砕を行っています。

それでも常にばらつきがありますので、今シーズンの朝日品種と奥湯隆品種は標準以下(より良いはずです)と東さんが考えていることを今すぐお知らせします。 品種を味わって比較するときは、このことを覚えておいてください。

あずまさんによると、それぞれの品種の加工は同じで、そうです、抹茶は月ごとに味が変わりますが、すべて同じ方法で同時に加工・粉砕されているため、違いがあります。味の違いは主に品種の違いになります。

また、写真をよく見ると、粉以外の物が見えるかもしれません…葉っぱの静脈です。 写真のサンプルは、手作業で精製した碾茶を使用して作成されているため、もう少しラフです。 到着時にセットに表示されるものは、光電ソーターを使用して洗練されているため(葉は茎や静脈よりも暗い色です)、色と質感はサンプルで味わったものよりも優れています。

品種とは何ですか?

栽培品種は栽培品種です。 特定の特性のために選択され、種子ではなく挿し木によって繁殖され、フィールド/生産ロット全体が同じ特性を持つ茶樹。 フィールド内の各植物は、他の植物と同じDNAを持ちます。

まだ以下の説明に取り組んでいます....セットを購入する人のために、レビューであなた自身のテイスティングノートを見たいです!

  • 朝日 -1953年に平野地野城の農場で宇治種苗(ざいらい)から採集された品種で、葉は薄く幅広で、鮮やかな緑色とクリーミーな味わいの碾茶に最適です。 やぶきたに比べて収穫量が少なく、収穫のタイミングが短いため、比較的高価な品種です。 旭はおそらく碾茶にとって最も価値の高い栽培者であり、碾茶の葉を競技会に提出する農民によってよく使用されます。
  • ゴコウ -1953年に京都で登録されたもうXNUMXつの茶品種である御口は、うま味が高いため甘くて乳白色のプロファイルで知られており、碾茶と玉露の両方の生産に使用されています。
  • かなやみどり -やぶきたと「S6」と呼ばれる無名の品種から作られ、1970年に登録されたこの品種は、より乳白色の特徴があると言われています。 テイスティングノート:私の味わいは甘かったですが、少しトーストで、深緑色でした
  • 奥森 -奥みどり品種は葉緑素が豊富で濃い緑色をしており、煎茶から玉露、そしてもちろん抹茶の碾茶まで、あらゆるお茶に使われています。 テイスティングノート:甘く明るい緑色。
  • 大湯高 -1983年に登録されたこの品種は風味プロファイルが優れていますが、若い植物は弱く、収穫量が少ない傾向があるため、他のいくつかの品種ほど人気が​​ありません。
  • セミドリ -この品種は、明るく明るい緑色と甘くてうま味が豊富なため、最近玉露で非常に人気があります。 抹茶としては少し薄すぎるかもしれませんが、違いは微妙です。
  • さみどり -さみどり品種は碾茶特有の品種で、鮮やかな色と濃厚なうま味が抹茶にぴったりです。 後期フラッシング品種であるため収穫期間が長いため、厳選された碾茶に最もよく使われる品種と思われます。
  • うじみどり -この品種は、1985年に宇治の単一のザイライ植物(種子から育てられた)から選択されました。京都以外ではめったに育たない、京都内でも珍しい植物であり、主に高級碾茶と玉露に使用されます。
  • やぶきた-1908年に静岡の杉山彦三郎によって識別され、1953年に正式に登録されたやぶきた品種は、日本の茶畑の約75%で使用されている最も一般的な茶樹品種です。 このように、それは他の多くの茶品種が収穫時期と風味プロファイルの両方で測定される基準です。 葉のバランスのとれた味わいで煎茶に人気がありますが、うま味が弱く、緑色がくすんでいるため、抹茶にはあまり使われていません。
  • やまとみどり -1924年に現在の大和茶研究センターで最初に栽培され、福井神次郎の農場からの種子栽培植物から取られた、これは奈良に由来する唯一の品種です。 1953年に正式に登録され、その名前は、この地域に拠点を置く最初の天皇以来、日本の国の同義語でもあるこの地域の古代の名前、ヤマトに由来しています。 やまとみどり(みどりは「緑」を意味します)は、一般的に矢吹北の10日後に収穫される遅発性のフラッシング植物で、早春の冷たい空気に対する耐性が高くなっています。 バランスの取れたフレーバープロファイルを持っています。  

製品情報

  • 成分: 緑茶
  • Contents [show] :10g x10袋
  • シェーディングテクニック:直接シェーディング。
  • 収穫:2021年春、ハンドヘルドハーベスターによる
  • :京都府和束 

あずま茶園について

あずま家は抹茶の葉である碾茶の栽培を専門としています。 茶畑をオーガニックとして認定する過程で、彼らは畑の耕作を無農薬の慣行に移しました。

日本の京都府和束町に拠点を置くこの家族は、最近、独自の抹茶粉砕工場を建設し、生産者として完全に垂直統合されました。

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

人気のアイテム

最近