Fujiki Denshiro:帯津茶器-くるみ帯筒茶筒物み


サイズ: 大型タッチスクリーン
価格:
JPY¥16,000

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

スタジオ藤木伝城は、樺細工の技法とさまざまな木材の樹皮を利用して、受賞歴のあるデザイナーの山田晃一郎と協力して、洗練されたおびずつシリーズのティーキャニスターを作成しました。 このシリーズは、さまざまな種類の磨かれた木で縁取られた「帯」または着物のサッシとしての桜の樹皮を特徴としています。

藤木伝城は1851年に樺細工問屋として設立され、6代後半のオーナーである藤木浩一によって最高の樺細工製造工房に生まれ変わりました。

FujikiDenshiroブランドのウェブサイト 故藤木浩一へのインタビュー

マイスター藤木浩一(1962-2015)
インタビューを読む

Meister Koichi Fujiki

現CEO三沢朋子
会社のメッセージ

製品情報

  • サイズ:
    • (大)直径8.2cm、高さ12.2cm; 高級煎茶約150g入り
    • (小)直径8.2cm、高さ9.3cm; 高級煎茶約80g入り
  • 材料:くるみ、さくら樹皮
  • :角館、秋田、日本
  • Kaichiro Yamadaデザイナー:山田晃一郎
    • 1997年卒業後、武蔵野美術大学助手。
    • 2004年にデザインスタジオKAICHIDESIGNをオープンし、日々の不快感を快適に変えるインテリア商品を生み出。
    • 2004-2006年ミラノのサローネサテライトに出展。 2007年ミラノで夢が叶う。
    • 日本ではグッドデザイン賞2004&2011、ドイツではレッドドットデザイン賞2010などの賞を受賞。

樺細工について

「チェリーバーククラフトワーク」:XNUMX年前の伝統

樺細工は、約220年前の天明時代に、武士によって補助的な仕事として始められました。 この職人技は角館町(秋田県)の町民に採用され、文化豊かな環境の中で完成され続けています。 天然の桜の樹皮が呼吸します。 水分をしっかり処理します。 表面が丈夫な樺細工は、日常使いに適しています。 桜の樹皮、知恵、熟練した職人の献身の間に複雑な関係があり、独特で美しい樺細工製品に見られる特別な調和をもたらします。

このアイテムのお手入れ方法

製品を長期間お楽しみいただくために、以下の指示に従ってください。 湿気の多い場所での長期保管は避けてください。 濡れた布で拭かないでください。 脱水症状を防ぐために、過度の乾燥と直射日光の両方を避けてください。 最大限の光沢を出すために、時々木目方向に拭くことをお勧めします。 柔らかい布またはティッシュを使用してください。 電子レンジ、オーブンで使用したり、食器洗い機で洗ったりしないでください。

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

配送料を見積もる

人気のアイテム

最近