善光園茶園:#12まるごとシリーズほうじ茶パウダー(50g)

1レビュー

サイズ: 50g / 1.76オンス
価格:
JPY¥1,280

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

抹茶はおなじみかもしれませんが、日本ではほうじ茶はどのように使われていますか? 抹茶のように、アイスクリーム、プリン、ラテ、クッキー、ケーキ、ドーナツなどの焼き菓子によく見られます。そうです、創造性の余地があります! インスピレーションが必要な場合は、ここに焼くレシピがあります ほうじ茶ロールケーキ。 善光園茶園のほうじ茶パウダーを使用すると、ケーキにゆるみが加わります! 

ほうじ茶パウダーは、ほうじ茶をすばやく作る(そしてお茶を100%飲む)簡単な方法としても役立ちます。 

浸す推奨

    各バッグには小さなスクープが付いています。 スプーンを使用して、お湯1〜100 mlごとに150山の粉末(約XNUMXグラム)をすくい取ります。

    冷水に浸すには、水1リットルあたり小さじXNUMX杯を使用します。

    また、少量の水を使用し、最初に粉末と混ぜてペースト状にし、塊を取り除くことをお勧めします。 

     

    製品情報

    • 成分:抹茶のロースト
    • 重量:50グラム
    • 注意:農薬・合成肥料を使用せずに栽培
    • :静岡県島田市

     

    ティーファーマーについて

    増田義光は、成人期の前半を大手農協で働き、食品添加物や農薬の危険性を直接学びました。 静岡県島田市の父や仲間の茶農家からお茶の作り方を学ぶために1992年に家族の茶畑に戻った彼は、茶畑で使われている農薬の量に深く驚いていました。

    有機農業への切り替えは簡単な作業ではありませんでした。 昆虫と病気は彼が担当した最初の分野を悩ませ、収穫量と葉の質は低下し、彼は家族と他のお茶の専門家の両方からの批判に直面しました。 しかし、彼は自分の家族が最初に飲むのに安全なお茶を作ることが重要だと感じました。 ((増田さんの話はこちら.)

    現在、増田さんは25年以上の有機農業の経験を生かし、安全で美味しいと自負しているお茶を生産し、お茶作りの技術を子供たちに伝えています。

    Yoshimitsu Masuda, tea farmer Zenkouen Tea Garden

    支払いとセキュリティ

    アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

    お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

    配送料を見積もる

    人気のアイテム

    最近