谷村水花苑八十郎:七色茶筅抹茶泡立て器七色茶筌


価格:
JPY¥8,800

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
在庫あり(2台)、発送準備完了

製品説明

チェイセンのプロングを固定するために使用されるストリングのこの万華鏡の色は、カットされていないままで、長くて鮮やかな尾が、泡立て器に美しいセンスを与えます。

すね -「真」-このスタイルの泡立て器には、丸まった先端がありません。 カールしたチップは、泡立て器が新しいことを示し、使用前にチップが折れるのを防ぎます。 カールしたチップをお湯に浸してカールを解くと、これらの「すね」泡立て器に見えるはずです。新しい泡立て器としてチップをカールしないままにしておくと、特に注意して取り扱う必要があります。

「白」竹白竹は、何世紀にもわたる伝統的な技法で色を取り除いたハチク淡竹です。 日本の近畿地方(奈良、京都、大阪、和歌山など)で栽培された特定の種類の竹は、2〜3年の栽培の後、冬に収穫され、植物の油を取り除くために煮沸され、寒い冬の空気で乾燥されます、その後さらに2〜3年熟成。 このプロセスの間に、竹の緑色は竹の「白い」色に色あせます。 

高山製

日本の手作り竹泡立て器または茶筅は、90世紀に遡る根を持つ抹茶泡立て器の歴史的な家である高山で作られています。 日本の茶泡立て器(茶筅)の約XNUMX割がこの地域で作られています。

高山の水花園は16世紀にルーツをたどり、泡立て器作りの伝統を守っている数少ないスタジオの25つです。 スタジオの責任者は、XNUMX代目の名工、谷村靖郎です。

製品情報

外形寸法:

幅(ハンドル):1.8cm
身長:11.5センチ
*すべての測定値は概算です

初めて使用するとき...

茶箱は、米を練り上げた接着剤で紙箱に接着されています。 箱からチャセンを取り出すには、取っ手を持ってゆっくりとはがしてください。 次に、濡れた布でハンドルの底を拭きます。 使用を始める前に、プロングが折れないように、お湯にそっと浸してください。

輸送中の移動により、ベースがボックスに固定されなくなる可能性があります。

お手入れと注意事項:

  • 茶碗の底に強く押し付けられないと、茶碗の先端が折れることがあります。 チャセンは長持ちするようにやさしく使ってください。
  • 急激な温度・湿度の変化によりひび割れが発生する場合がありますので、食器洗い乾燥機の使用はご遠慮ください。
  • 使用後は水で洗い流し、よく乾かしてから保管してください。
  • 高温多湿、極度の乾燥した場所、直射日光の当たる場所への保管はご遠慮ください。 保管に推奨される湿度:45〜60%
  • 自然乾燥により柄に縦割れが生じる場合がありますが、天然竹本来の味わいの一部として、表情や食感の変化をお楽しみください。 

    支払いとセキュリティ

    アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

    お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

    配送料を見積もる

    おすすめのアイテム

    最近