Yunomi 道場レッスン101:出発点、日本の緑茶入門


価格:
JPY¥1,399

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

日本茶について学び始める最良の方法は、あなたが何を味わっているのかを知り、それからたくさんの異なるお茶を味わうことです。 このセットはあなたの出発点となることを意図しており、最も基本的で最も一般的に入手可能な日本のお茶のXNUMXつを紹介します。

抹茶はリーフティーとは大きく異なり、独自の紹介が必要なため、このセットには抹茶を含めないことにしました。

このセットには含まれています

  • 20gパケット 煎茶 (日本の伝統的な緑茶)
  • 20gパケット ふかむしちゃ (蒸し煎茶)
  • 20gパケット 玄米茶 (抹茶とご飯のブレンド)
  • 20gパケット ほうじ茶 (抹茶焼き)

お茶について

煎茶 -日本の緑茶の最も一般的な形態であり、他の多くの種類が由来するベースである煎茶は、収穫直後に葉を蒸し、丸め、乾燥し、精製することによって作られます。 それは植物性の、特徴的に「緑」の風味を生み出します。 収穫時期、栽培方法、蒸し方などにより、苦味や柑橘系から香ばしい(うま味)、トーストまでさまざまな味わいがあります。 このセットのサンプルは、春の初めに収穫された葉から作られ、苦味とうま味のバランスが良く、よりプレミアムであると考えられています。

ふかむしちゃ -「深蒸し茶」-このお茶は、葉を非常に長く蒸して(約60〜80秒対30〜40秒)、茶葉をより粒状に変えて作られます。 この長時間の蒸しは葉に甘みを加える傾向があり、この特定の例も収穫のほんの数日前に陰影を付けて、うま味の風味をさらに高めています。

玄米茶 -緑茶とトーストライス(詩的に「花」と呼ばれる米のポップカーネルを使用することもあります)を組み合わせたこのお茶は、20世紀初頭に、人々が古い緑茶を鏡餅で味付けするという民俗習慣から生まれました。新年を祝うために食べる一種の焼き餅。 冷蔵前は緑茶が古くなり、味わいをよみがえらせるひとつの方法です。 今日では、トーストした白米(その名前は「玄米」は未研磨の「玄米」を意味しますが)を緑茶の葉と混ぜ合わせて、濃厚でおいしいナッツのお茶を作ります。 この例では、スーパーマーケットでより一般的に見られる低品位の茶葉の代わりにプレミアム春の葉を使用しています。

ほうじ茶 -文字通り「焙煎茶」であるこのお茶は、ほとんどの場合、低品位の茶葉から作られる焙煎緑茶を指します。 ただし、焙煎したお茶は理論的にはほうじ茶と呼ぶことができます。この場合、プレミアムの葉から作られた春に収穫されたほうじ茶を提供します。 これにより、独特のチョコレートの香りとより豊かなローストフレーバーが追加されます。 ほうじ茶は20世紀初頭に日本で一般的になり、日本の茶文化にかなり新しい付​​加物となりました。

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

配送料を見積もる

おすすめのアイテム

最近