Kajihara Tea Garden: #03 Izumi First Flush 紅茶 (Wakocha) 春摘みいずみ和紅茶


サイズ: 20g /0.7オンス/ 2021年春
価格:
JPY¥1,600

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
売れ切り

製品説明

やわらかい春のつぼみを収穫し、軽い発酵で仕上げて生産しました 梶原茶園の和光茶、泉ファーストフラッシュ。 淡い金色が特徴の泉のフルリーフのフルーティーな香りが口の中に広がります。

1960年、和泉品種は茶園林業課に第24号として登録され、「泉」と名付けられました。 もともとは釜炒り草の生産のために栽培されていました。 和泉品種の親は花の香りがするベニホマレです。 近年では、 一握りの生産者が発酵ワコチャ(紅茶)の生産に興味を持っています。 このように、泉品種は珍しいものの、注目を集めています。 

梶原茶園の泉茂みは5年前に植えられました。 忍耐と注意が必要でしたが、ついに今年(2020年)に収穫の準備が整いました。 梶原さんは和泉の品種にポテンシャルが溢れていると感じており、香り高い和光茶を作る技術や技術の向上を楽しみにしています。

 

製品情報

  • 栽培品種:泉
  • 収穫: 春
  • :熊本県芦北町柘植村
  • ストレージ:日光を避け、涼しく乾燥した場所に密閉して保管してください

 

浸るメモ

  • Tea:5グラム
  • 時間:5分(個人の好みに合わせて調整してください)
  • 水温:90C / 194F度
  • 水量:150 ml

 

 

ティーファーマーについて

Toshihiro Kajihara, Tea Farmer
  • お名前:梶原敏博
  • ベンダータイプ: 家庭農園 (梶原茶園)
  • 所在地:熊本県芦北郡芦北郡869-6303

梶原茶園は、熊本県芦北村の柘植の3世帯集落に拠点を置く9代目梶原敏博氏によって栽培されています。 家族で生まれた彼は、熊本県の公立農業大学で勉強している間、家業を続けることが期待され、お茶を専門としていました。 20歳で、彼はお茶のキャリアを始めるために家に帰りました。

梶原茶園の詳細

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

人気のアイテム

最近