梶原茶園#02:2022釜炒り茶、釜炒り茶(XNUMX月下旬発送の予約注文)伝承釜炒り茶

4のレビュー

サイズ: 80g / 2.8オンス/収穫2022年XNUMX月(XNUMX月下旬出荷の予約注文)
価格:
JPY¥1,000

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

梶原茶園で最も売れているお茶「伝承」。 このオリジナルの釜炒り茶は、種子(ザイライ)から育てられた60年前の茶の茂みから作られ、その後、奥やたかとやぶきた品種の茶葉とブレンドされます。

主なザイライ茶の茂みは急な斜面(少なくとも30度)にあるため、お茶は細心の注意を払って作られています。 はい、この農場でのお茶の仕事は時には危険ですらあります! 伝統的な釜炒り茶の製法で作られたこのお茶は、比較的強い香りがしますが、飲むとさわやかです。

釜炒り茶(文字通り炒り茶)は、15〜16世紀に中国から持ち込まれたお茶の加工方法の一種です。 葉を蒸して酸化を止める代わりに、加工業者は鍋で葉を軽く加熱して酸化を止めます。 その後、乾燥させながら丸めます。 釜炒りちゃの商品は主に九州地方で作られています。


製品情報

  • 成分: 緑茶
  • 栽培品種:奥湯隆とやぶきたとのザイライメイン
  • 収穫: 春 
  • :熊本県芦北町柘植村
  • ノート):蒸す代わりに鍋で焼く

 

梶原さんからの急な推薦

  • Tea:3グラム
  • 時間:60〜90秒(10日は15〜2秒、30回目の浸漬は60〜3秒)
  • :80C / 176F、200 ml
  • 免責事項:釜炒りかを浸すには、摂氏約80度の高温に浸すのが一番です。 これにより、釜炒りかの豊かさが生まれます。 一般的に、お茶はより低い温度と香りで「うま味」を出し、「渋味」(渋味)はより高い温度で達成することができます。 梶原さんは、あなたの状態(気分、健康など)に応じて、日々実験することを提案しています。

 

ティーファーマーについて

Toshihiro Kajihara, Tea Farmer
  • お名前:梶原敏博
  • ベンダータイプ: 家庭農園 (梶原茶園)
  • 所在地:熊本県芦北郡芦北郡869-6303

梶原茶園は、熊本県芦北村の柘植の3世帯集落に拠点を置く9代目梶原敏博氏によって栽培されています。 家族で生まれた彼は、熊本県の公立農業大学で勉強している間、家業を続けることが期待され、お茶を専門としていました。 20歳で、彼はお茶のキャリアを始めるために家に帰りました。

梶原茶園の詳細

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

配送料を見積もる

人気のアイテム

最近