森田茶屋:若葉の香織、茎茶(200g)


価格:
JPY¥400

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

森田茶屋で人気のお茶、若葉の香織は、 茎茶(「小枝茶」)、または茎茶、煎茶や玉露などの最も一般的なタイプの緑茶を作るために通常使用されない茶樹の部分で作られています。 この特定の茎茶は、いちばん茶(ファーストフラッシュ)の収穫からの茎茶のみを使用しています。 森田家は、埼玉県狭山市(東京北部、日本の主要なお茶の産地のひとつ)で約80年にわたり巧みにお茶をブレンドし、高品質のお茶を開発してきました。 ブレンダーとして、日本のさまざまな茶園から高品質の葉を選び、アラチャまたは加工されたが未完成のお茶として購入します。 このお茶は、青々としたさわやかな香りがあり、柔らかな口当たりを提供します(これは、最初の製品画像で日本語で述べられていることです)。 一般的に、茎茶はカフェインの少ないお茶で、煎茶や深蒸し茶に比べてやさしい傾向があります。
AROMA
★★★★★
うま味
★★★
渋見
ティーカラー
明るい黄緑色。

 

製品情報

  • お名前:若葉の香織、茎茶
  • 成分: 緑茶
  • 栽培品種:やぶきた
  • 収穫: 五月
  • 重量:200グラム
  • ベンダー:森田茶屋
  • 所在地:埼玉県狭山市

浸るメモ

  • 最初の浸し:お茶:4g。 時間:30秒 :85C / 185F、100ml。
  • XNUMX回目の浸漬: 時間:30秒 :90C / 194F、70 ml

 

支払いとセキュリティ

アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

配送料を見積もる

おすすめのアイテム

最近