KU007 富沢茶園 熊本県益城産玉露玉緑茶 「Green Tea.Lab」玉露


サイズ: 10g / 0.35オンス
年: 2021年春
価格:
JPY¥700

計算された送料 チェックアウト時に

在庫:
利用できます

製品説明

家族経営の茶園、富沢茶園の畑から、24月上旬に収穫する前にXNUMX日間日陰にした煎茶(玉露)。

熊本県は玉露で知られていませんが、玉緑茶の最大の生産国です。 富沢さんの町益城町を襲った地震の後、富沢さんは茶畑を譲り受け、茶畑を諦めました。 地域の活性化に向けた小さな取り組みとして、他の分野のようにお茶を作るのではなく、この地域ではほとんど前例のない玉露を作る実験をすることにしました。 このお茶のうま味、苦味、渋味は、熊本県益城村のテロワールを代表するものです。

富沢さんのお茶を日本語で勉強したい人への実際の言葉:玉露を作ろうといつた理由:玉露を作ろうと玉露:玉緑茶の得から玉緑茶で玉露製造に固く。脂肪みや、苦み、渋み、熊本益城の地域、テロ旋をしてて、います。

蒸した玉緑茶(またはグリチャ)として、葉は煎茶で見られるようにまっすぐな針に丸められるのではなく、最後の回転ステップをスキップしてわずかにカールしたままになります

.

浸るメモ

  • 1位-お茶:5グラム。 時間:2分。 :50C / 120F、50ml。
  • 2回目-時間:10秒 :80C / 175F、200ml。
  • 3日から4日- 時間:30〜60秒 80C / 175F、200ml。
  • うま味は、最初の浸漬後にほとんど抽出され、その後、より苦い風味(および最後のうま味)を抽出するために、より高温で浸漬します。 葉は抽出のために準備されているので、1番目の急勾配は速くすることをお勧めします-出入りします。
  • 一般的に、より渋いお茶にはより高温でより長い浸漬時間を使用し、非常に甘いお茶には冷水または氷浸漬を使用します。 

 

製品情報

  • 成分: 緑茶
  • 栽培品種:やぶきた
  • 収穫:14年2020月24日(XNUMX日間シェーディング)
  • 処理中:定期的に蒸し、葉を真っすぐにする最後のステップをスキップします(玉緑茶、より具体的にはグリチャを作成します)
  • :益城、熊本

 

ベンダー情報

富沢茶園は熊本県で85年以上の茶園の歴史があり、日本でも多くの有名な茶賞を受賞しています。 家族は日光の多いお茶と、清潔で美しい味わいで有名な熊本の天然地下水を栽培しています。

2016年7.0月、熊本県益城町でマグニチュード48の本震が発生しました。 地震により、3000人が死亡、200,000人が負傷し、その後XNUMX万人近くが避難所に避難しました。

富沢茶園もこの地震の影響で茶屋を失いました。 しかし、彼らはこの機会を利用して2018年にショップを再建し、Greentea.Labと呼びました。

  • お名前:富沢茶園/ Greentea.Lab
  • 所在地:熊本県上益城郡益城町47
  • 設立:4月1928

ここで農民についてもっと学びましょう!

    支払いとセキュリティ

    アメリカンエキスプレス アップルを支払います Google Pay JCB マスター PayPal ショップペイ ビザ

    お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスしたりすることはありません。

    配送料を見積もる

    人気のアイテム

    最近