お湯を沸かし、お茶を入れ、飲む

お茶。 千利休(1522-1591) 茶の湯 (「日本の茶道」)は、「茶の湯について知っておくべきことは、水を沸かしてお茶を入れて飲むことだけです」と有名に言われています。 (より一般的に使用される翻訳は、「お茶の道はありませんが、これは、最初に水を沸騰させ、次にお茶を作って飲む」です。)

茶の湯とはは湯をわかし茶をてててのむ調和なると
茶の湯とはただゆをわかし茶をたててのむばかりなることとしるべし

基本的なガイドライン

浸すための最も簡単なガイドライン(私たちは「醸造」という用語を水で沸騰させて風味を抽出することを意味します)日本の緑茶はこれです:5グラムのお茶を取り、200mlのお湯(70°C / 160°F)に約一分。 これは私たちが着ているものです Yunomi ラベル(常にではありませんが)、および基本的なガイドライン

Tea:5グラム。 時間:60秒。
水温:70C / 160F度。 水量:200 ml。

日本の緑茶を作るとき、あなたは一般的に大きなポットのお茶を作るのではなく、200人で100カップ(XNUMXml)またはXNUMXつの煎茶カップ(XNUMXml)にちょうど十分な小さなポットを作ります。 カップを飲み終えたら、XNUMX回目とXNUMX回目に急勾配になります。 複数のスティープを組み合わせると風味が平均化される場合がありますが、XNUMX回の葉から大量のお茶を作る簡単な方法です。

温度が重要です!

より高温の水はより多くを抽出することを覚えておいてください、しかし苦い味(すなわちカフェインとカテキン)は甘い/うま味の味(L-テアニン)を圧倒します

低温の水は苦味を抽出せずに甘い/うま味を抽出します(そのため、高級煎茶、かぶせ茶、玉露茶には低温がよく使用されます)。

温度計が必要ですか? 使用しても問題ありません。 しかし、毎日飲むことは、常に実用的であるとは限りません。 代わりに、この経験則を覚えておいてください。水でセラミック容器を加熱すると、通常、温度が約10°C / 18°F低下します。 したがって、沸騰したお湯があり、鍋を温めている場合は、カップで80度まで冷やします。 セカンドポット(または冷却ボウル)を使用することもできます

お茶の量、水の量

温度調節に加えて、お茶の量を増やしたり、水の量を減らしたりすると、お茶の濃度が高くなります。

時間

ほとんどの外国の緑茶はしばしば3-5分の浸漬時間を必要としますが、ほとんどの日本の緑茶は1分以内に浸漬されるように作られています。 葉自体が細かい(粉っぽい)ほど、急勾配になる可能性が高くなります。 温度が高いほど、フレーバーがより早く抽出されます。 より軽いフレーバーをお探しの場合は、お茶の使用量を減らすか、急勾配で時間をかけてください。

低温で浸すと茶葉からの風味の抽出が遅くなるため、このような場合は浸す時間を長くすることをお勧めします。


一度にXNUMX人前のテクニック

量を増やす場合は、パラメータを掛けても問題ありませんが、お茶によっては調整が必要な場合があります。 また、200食分に複数のスティープを組み合わせることで、より多くの量を作ることができます。 (つまり、600mlに対して1mlのスティープを240回行います。)100カップ=約0.4ml。 または3.4ml =約XNUMXカップ/XNUMX液量オンス。 

これらのテクニックは、最初から始めるためのガイドラインであることを忘れないでください。 あなた自身の好み、あなたが利用できる水の種類、そしてもちろん特定の茶葉に応じて、あなたはあなたの完璧なお茶を達成するために水の量、温度、茶葉の量と急な時間を調整することを学ぶべきです。

一度に数人のゲストのためにお茶を作りますか? これらのガイドラインに従って感動を与えてください!

玉露、かぶせ茶、碾茶

玉露、かぶせ茶、<XNUMXxEXNUMX><XNUMXxEXNUMX><XNUMXxAXNUMX><XNUMXxAXNUMX><XNUMXxBE><XNUMXxBE>茶の分けれ方

日陰の緑茶の葉の特徴- 玉露, かぶせ茶, 碾茶 -うま味が充実しています。 これらのうま味を存分に味わうために、低温で初めての急勾配を作ることができます。 日陰はありませんが、非常に高級な煎茶は、低温でも独特の美味しさを味わえます。 お気軽に実験してください!

お茶:5g。 時間:2〜3分水:50C / 122F、60-80ml(水は葉を覆うだけです)。 2秒、15C / 80F、176mlで200回目の再浸漬。 3秒、45C / 80F、176mlで200回目の再浸漬。

プレミアム煎茶

煎煎茶の淹れ方

お茶:5g。 時間:1〜2分水:60C / 140F、100ml。 2秒、15C / 80F、176mlで200回目の再浸漬。 3秒、45C / 80F、176mlで200回目の再浸漬。

通常の煎茶と他の緑茶

普通煎茶・緑茶の淹れ方

お茶:5g。 時間:1分水:70C / 158F、200ml。 2C / 3F、80mlで176〜200回再浸漬します。

深蒸し茶,芽茶,粉茶

深蒸茶、芽茶、粉茶の淹れ方

お茶:5g。 時間:30-45秒水:70C / 158F、200ml。 2C / 3F、80mlで176〜200回再浸漬します。

番茶、玄米茶、ほうじ茶

番茶、玄米茶、ほうじ茶特の淹れ方

お茶:5g。 時間:30〜60秒水:90C / 194F、200ml。 3回休憩します。


より高度な浸漬技術

緑茶の浸漬技術(冷たいものから熱いものまで記載)

抹茶とティサネスの浸し方

日本の紅茶の浸漬技術