Yunomi コミンカ-茶室茶道 Yunomi コミンカ-茶室茶道Yunomi こみんか茶室Yunomi ふさまこみんかYunomi こみんか茶室二地口Yunomi こみんか茶室庭園

このプロジェクトをサポートする方法

更新:2020年の初めにこの家を手元に置いたと発表するのは悲しいことです。 Yunomi 現在東京を拠点としています。

歴史

1968年、農家の家族が日本の伝統的な建築技術を利用して新しい家を建てました。このスタイルは現在、 古民家 (古民家-文字通り「古い民家」ですが、この伝統的なスタイルに関連付けられています)。 家族の女性たちは裏千家の学校を練習しました チャド (茶道-文字通り「お茶の道」ですが、より一般的には「日本の茶道」として知られています)、それで家族は美しい茶室を追加しました(茶筒 茶室)1982年に自宅へ。

Yunomi コミンカ1968

2018年、彼らの子孫は日本の他の地域に移り、農場とこの美しく伝統的に建てられた建物を去りました 古民家 そのと日本の家 茶筒 そして庭は空です...しかし忘れられていません。 無人の家が荒廃する前に、彼らは家族の家に命を取り戻すために誰かを探しました。

最適な Yunomi!

このような古民家の活性化を専門とするプロパティマネジメント会社を経営する渡辺実さんとオーナー様が一堂に会したのは運命だったと思います。 古民家。 2018年初頭のある日、オーナーは小田原の家に戻って古い持ち物を片付けるために休みを取りました。 渡辺さんは廃屋に気づき、別の集会に向かう途中で車を運転したとき、オーナーは誰なのかと思っていました。 オーナーが庭から出て行くのを見て、渡辺さんはUターンして私道を駆け上がった。 渡辺さんは物件をオンラインで掲載し、イタリアのジェラートアイスクリームショップであるそば屋を立ち上げる場所を探している起業家に紹介し始めました...しかし、何も合わないようでした。

一方、 Yunomi小田原中心部にあるの小さなオフィスは、私たちの業務には小さすぎました。 私たちのオフィスにはほとんど歩くスペースが残っていないので、もっと広い場所が必要でした! 今年のXNUMX月、私は友人に私たちのジレンマについて何気なく話しました。彼女は不動産業者であるため、茶葉を読み、点を結びました。 お茶会社に適しているのは、 古民家 茶室で?

2018年XNUMX月からXNUMX月初旬にかけて、 Yunomiのファンとサポーターは、私たちが必要な資金を調達するのを助けてくれました 賃貸借契約を締結し、家と庭の修理を開始、このプロジェクトのステージ1を完了します。

ステージ2では、2019年3月中旬に移転した後、家をオフィス/倉庫に改造します。ステージXNUMXでは、ティールームをベースにしたお茶の試飲/セミナープログラムを構築し、仮想ツアーテクノロジーを利用してオンラインで小売体験を再現します。不動産市場向けに開発されています。

日本文化を探求するための乗り物

リース契約が締結された後の最初の訪問は、現代の生活の中で失われている日本の伝統の非常に多くの詳細を明らかにしました... ゆきみ障子 または、壁に組み込まれた仏教徒の改札に、下半分が持ち上げられて冬の降雪を見ることができる「雪を見る紙のドア」。 

それから神道の神社があります-家族 カミ (大まかに翻訳すると、「精神」)を移動する必要があり、 Yunomi自分のもの カミ 地元の神職によって設置されました(地元の習慣に従わない場合は誰ですか!)。

もちろん、このような美しい日本の歴史と文化を手にした私たちは、小田原市を通過するお茶愛好家に、講義とお茶の両方を訪れるように勧めることができます。 しかし、適切なテクノロジーを使えば、もっと多くのことができると思います。

利用することを想像してみてください 3Dイメージングテクノロジー 施設の没入型デジタルツアーを作成し、棚にある製品を検査し、コミンカから茶畑の没入型デジタルツアーにジャンプします。 世界中の誰もがアートを体験できるように、部屋で360°カメラを使って茶道を開くことを想像してみてください。 それは私たちのPeople-to-People哲学のより深い実現に向けて私が信じる始まりであり、あなたがサポートしてくれることを願っています Yunomi それを実現する上で。

  • 所在地:500羅漢駅から徒歩3分、伊豆箱根鉄堂大湯山線小田原駅から12駅。 または、小田急線小田原駅から足柄駅から徒歩XNUMX分。 で見る Googleマップ
  • 私たちをサポートする方法:購入 eギフトカード 上記のコードを使用して、私たちをサポートし、将来のために節約を確保します。